このページの本文へ

ZOTAC「ZOTAC ZBOX-AD03BR」

VESAにも対応するFusionベアボーンがZOTACから登場

2011年03月01日 23時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ZOTACからFusion APU「AMD E-350」を採用したスリム&コンパクトなベアボーンキット「ZOTAC ZBOX-AD03BR」が登場、今日から販売がスタートしている。

「ZOTAC ZBOX-AD03BR」
Fusion APU「AMD E-350」を採用したベアボーンキット「ZOTAC ZBOX-AD03BR」が発売。ゲーム機のようにも見え、リビングPCとしても違和感のないスタイリッシュなデザインを採用する

 この製品は、Fusion APU「AMD E-350」+チップセット「A50M」(M1 FCH)を採用する薄型のベアボーンキット。標準で4倍速読み込みに対応したスロットイン方式のBlu-rayドライブを搭載している。
 主なスペックは、DDR3-SO-DIMMスロット×2(DDR3-1066/8GBまで)、2.5インチHDDベイ×1を備える他、外部インターフェイスにHDMI、DVI-I、VGA(変換アダプター使用)、ギガビットLAN、USB3.0×2、USB2.0×2(eSATA排他×1)、802.11n対応無線LAN、8chサウンド、6-in-1カードリーダーなど。
 その他、また、リビングPCとしても違和感のないスタイリッシュなデザインを採用する本体サイズは187(W)×280(L)×40(H)mm、電源は付属の90W ACアダプタを利用する仕組み。VESA規格に対応し、液晶ディスプレイ背面に背負い込むことも可能だ。
 価格はツクモパソコン本店で5万3800円、アークで5万3970円となっている。

フロント インターフェイス リア
フロント(左)とリア(右)のインターフェイス類。USB3.0を備えるほか、HDMI/DVI-Iといった出力も可能

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中