このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

まなめの「週刊Twitterなう!」 ― 最終回

2010年を振り返る:ツイッター10大ニュース発表!

2010年12月22日 12時00分更新

文● まなめ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

突然ですが、連載「まなめのツイッターなう!」は今回で最終回を迎えることになりました。長らくご愛読ありがとうございます。連載の最後に、今年ツイッターで話題になったニュースを振り返っていきたいと思います。ニュースへのコメントはツイッタールールにならって、それぞれ「140文字以内」とさせていただきました。それではいきましょう!

1. 首相がTwitterを開始(1月1日)

鳩山前首相のアカウント

 2010年のツイッターは鳩山前首相から始まりました。首相がツイッターを始めることで、生の声を国民に直接届け、より身近な政治になる――はずでしたが、6月には突然、辞任の直後にツイッターで謎の「裸踊り」発言をするなど、ますます国民を混乱させてしまう事態に……(記事を読む)。


2. 「やりましょう」孫社長、2分半で即決(2月2日)

孫正義社長「やりましょう」の元祖はコレ

 2010年、最もツイッターを上手に使いこなした人といえば、ソフトバンクの孫正義社長。社員全員にツイッターを始めさせる、株主総会をUSTで生中継する、ツイッターで寄せられた要望に「やりましょうリスト」を作って答えるなど、次々に話題を作っていました(記事を読む)。


3. ハイチ地震、ツイッターで情報交換(1月13日)

地震発生時のタイムライン

 ツイッターでは有名人だけでなく、事件や事故の情報源として活躍する機会がとても増えました。大地震から家庭内の惨事まで、写真や動画を使ってリアルタイムに発信できるツイッター。「人類総ジャーナリスト化」という言葉がますます現実味を帯びた一年でした(記事を読む)。


4. 「宮崎の畜産は崩壊してしまう」(5月2日)

東国原宮崎県知事のブログが話題を呼んだ

 今年、猛威をふるった「口蹄疫」。東国原宮崎県知事はツイッターで被害状況を日々訴え続けました。努力の甲斐あって全国で報道されることとなりましたが、首相が菅氏へ交代すると、マスコミ露出はほとんどなくなってしまいました。知事は今も被害状況を発信し続けています(記事を読む)。


5. 自称「輝き女子」の名言(9月20日)

「輝き女子」まとめ記事

 有名人がツイッターを始めたのではなく、ツイッターで有名になった普通の人が現れたのも今年の話題。自称輝き女子をおもしろおかしく紹介しているダ・ヴィンチ・恐山氏もその一人で、毎日数百ものお気に入りを集めています。ふぁぼったーから、自分好みの「投稿職人」を探す時代に?(記事を読む

(次のページに続く)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART