このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

いま旬のビジネスPC第25回

Linuxベースの独自OS「HP ThinPro」を採用

Atom搭載の高性能シンクライアント「HP t5745 Thin Client」

2010年12月20日 09時00分更新

文● 石井英男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本ヒューレット・パッカードから登場した「HP t5745 Thin Client」(以下、t5745)は、Linuxベースの独自OS「HP ThinPro」を搭載したシンクライアントである。

 HPは、PCの販売台数で世界一を誇る大手メーカーだが、ワークステーションやサーバー、シンクライアントに関しても製品を多数投入し、エンタープライズ分野でも高い支持を得ている。また、シンクライアントに関しては、国内シェアNo.1を誇っている。

 t5745は、同社のシンクライアントの中でも、フラッグシップに位置するモデルであり、シンクライアントとしては高い性能が魅力だ。

 なお、シンクライアントシステム構成例として、サーバーがHP ProLiant DL360 G6×4、300ユーザー構成の場合、1ユーザーあたり約10万円、HP BladeSystem c3000 EnclosureとHP ProLiant BL495c G6×8、300ユーザー構成の場合、1ユーザーあたり約13万円程度となる。

 ここでは、t5745を試用する機会を得たので、早速レビューしていきたい。

Atom N280を搭載

HP t5745 Thin Clientのボディは、スリムで省スペース性が高い

 シンクライアントは、通常、ほとんどの処理をサーバー側で行ない、必要最小限の処理のみクライアント側でするため、それほど高い処理能力は要求されない。

 同社のシンクライアントでも、エントリークラスのモデルでは、ARMやVIA Nanoなどのやや非力なCPUを搭載しているが、t5745は、シンクライアントのCPUとしては高性能なAtom N280(1.66GHz)を搭載していることが特徴である。

 t5745は、Atom N280を搭載したことで、VNCシャドウイングや動画のストリーミング再生といった、従来のシンクライアントでは難しかった機能を実現している。

 メインメモリーは1GBで、ストレージとして1GBのフラッシュメモリーを搭載する。Atom N280は、消費電力が小さく、発熱が少ないため、ファンレス動作を実現していることも評価できる。

 ストレージもフラッシュメモリーであり、ゼロスピンドルを実現しているため、騒音が発生せず、耐久性や信頼性も高い。

コンパクトで省スペース性の高い筐体

HP t5745 Thin Clientの前面。USB 2.0×2とオーディオ入出力が用意されている。スリムなので、狭いスペースにも設置できる

 省スペース性が高いこともt5745の魅力だ。筐体サイズは幅44×奥行き222×高さ255mm(スタンド装着時は幅44×奥行き222×高さ266.7mm)とコンパクトで、重量も約1.58kg(スタンド装着時)と軽い。

 オプションの「HPフラットパネルモニタQuick Release」を利用すれば、液晶ディスプレーの背面や机の天板の裏などへの設置も可能になり、デスクの占有スペースを減らせる。受付や会議室用としても最適だ。

 また、シンクライアントながらインターフェースが充実していることも特徴。USB 2.0×6やシリアル、PS/2×2、アナログRGBのほか、DisplayPortも備えている。

 さらに、筐体上部にセキュアUSBコンパートメントが用意されていることも特筆できる。

 セキュアUSBコンパートメントはカバーで覆われており、アクセスにはドライバーが必要だ。セキュアUSBコンパートメントの内部には、USB 2.0ポートが2基用意されている。

 USBメモリーなどのデバイスを装着してカバーを付ければ、盗難や紛失を防げる。

左側面に、オプションのHPフラットパネルモニタQuick Releaseを装着したところ液晶ディスプレーの背面にも、HPフラットパネルモニタQuick Releaseのマウンタを装着するこのように液晶ディスプレーの背面に、HP t5745 Thin Clientを取り付けられる
HP t5745 Thin Clientの背面。シリアル、PS/2×2、DisplayPort、アナログRGB、USB 2.0×4、Gigabit Ethernetが用意されており、インターフェースは充実している
上部にセキュアUSBコンパートメントを備えている。セキュアUSBコンパートメントは標準状態ではカバーで覆われており、アクセスするにはドライバーが必要だセキュアUSBコンパートメントのカバーを外したところ。USB 2.0ポートが2基隠されている。ここにUSBメモリーなどのUSBデバイスを装着してカバーを付ければ、盗難や紛失を防げる

(次ページ、独自OS搭載でセキュアな環境を実現)


 

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事