このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Lenovo Ideaシリーズ大研究第19回

シンプルで使い勝手に優れた液晶一体型デスクトップPC

Lenovo C200 (3)──付属アプリケーションも実用的

2010年12月14日 11時50分更新

文● 石井英男、写真●篠原孝志(パシャ)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

第3回目は、Lenovo C200に付属する厳選されたアプリケーションについて紹介していきたい。

厳選されたアプリケーションが付属

 Lenovo C200には、DVDプレイヤーソフトやライティングソフトなどのアプリケーションがいくつかバンドルされている。

 昔は、付属アプリケーションの数を競っていた時代もあったが(特に国内メーカー製PCで顕著だった)、使わないアプリケーションがたくさんバンドルされていても意味はないどころか、HDDスペースを占有してしまい、ユーザーが使えるHDDの空き容量が少なくなるという弊害もある。

 そこで、いたずらに付属アプリケーションの数を増やすよりも、DVDプレイヤーソフトやアンチウイルスソフトなど、ほとんどのユーザーが必要とするアプリケーションのみバンドルされているほうが望ましいという考えが主流となった。

 Lenovo C200も、その考えに基づき、厳選されたアプリケーションが付属しており、HDDの空き容量を無駄に消費することなく、初心者にも使いやすいように配慮されている。

 Lenovo C200の付属アプリケーションは、あらかじめインストール済みですぐに利用できるものと、HDDにインストーラーが導入されているが、アプリケーションを利用するにはインストールや登録などの作業が必要なものに大別できる。

 それぞれのアプリケーションは、以下の通りだ。

 インストール済みアプリケーション

  • Microsoft Windows Live Toolbar & Search
  • WinDVD8
  • Power2Go 6.0
  • Rescue System 3.0

 インストールや登録などの作業が必要なアプリケーション

  • i-フィルター 5.0
  • McAfee VirusScan Plus

 それではまず、インストール済みアプリケーションを紹介していこう。

Microsoft Windows Live Toolbar & Search

 Windows Liveとは、マイクロソフトが提供する検索ページやメッセンジャーなどのコンシューマー向けインターネットサービスの総称であり、「Microsoft Windows Live Toolbar & Search」は、Windows Liveの検索サービスであるWindows Live Searchを使うためのInternet Explorer用アドオンだ。

「Microsoft Windows Live Toolbar & Search」は、Windows Liveの検索サービスであるWindows Live Searchを使うためのInternet Explorer用アドオン

 Microsoft Windows Live Toolbar & Searchは、ツールバーとして動作するので、検索エンジンのWebサイトを表示しなくても、ツールバーの検索ボックスに検索したい語句を入力するだけで、Webサイトの検索が可能だ。また、検索ボックス右側のプルダウンメニューを開くと、その語句に関連するニュースや画像などを検索することもできる。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事