このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

行っとけ! Ubuntu道場! ― 第26回

~師範……アプリの日本語訳に挑戦してみたいです!(後編)~

2010年08月26日 15時00分更新

文● hito(Ubuntu Japanese Team) イラスト●瀬尾浩史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
中古で1万円のPCも現役バリバリのPCとして使うテクを紹介する「ちょい古PC完全再生計画!」と、Japnese Team監修によるUbuntu選りすぐりの優秀ソフト解説、「標準アプリ徹底使いこなし術」の2大特集が目玉です!あたかも印刷したかのようにキレイにUbuntuロゴが貼れる、転写ステッカーも付録の豪華仕様号でお届け!
清く正しい(?)チームリーダー 小林準
日本語入力とラノベは俺に任せろ あわしろいくや
サーバーと交渉ごとに暗躍する hito
Ubuntuもいいけど、でびあんもね! やまねひでき
GUIなんて飾りと言い切るEmacsist ミズノ(水野源)
マンガ『うぶんちゅ!』作者&挿絵担当 瀬尾浩史
期待の新人、pores_nこと村田信人。ASCII.jpでは過去にUbuntu対Moblin記事を書いてくれてたりする

小林:さて、翻訳編の後編ですね。と、その前に……。

編集S:Ubuntu Magazine Vol.05の宣伝をするのだ。ぷすぷすぷすぷす……。

瀬尾浩史:なんか編集Sさんが燃え尽きてるペン。

あわしろいくや:今回のUbuntu Magazineの締め切り、お盆を挟んだ関係で過酷でしたからなぁ。

編集S:燃えた……燃え尽きた……真っ白に!

やまね:なんか「真っ白」とつぶやいた瞬間に正気に戻ったぞこの人。

hito:よい子の豆知識。編集者に「真っ白」とか「落ちる」というと、ピクっと反応します。

やまね:なるほど。「このままだと落ちますよー、真っ白ですよー」とか言うと反応するわけだ。

瀬尾浩史:漫画家的にも、実にガクブルなキーワードペン。

村田:ゆ、許してなので味噌。もう締め切り破ったりしないので味噌。

ミズノ:この二人が怯えてるのは、ハリセンが理由か……。

黒瀬:それはともかく、皆さんお疲れ様でした。(←今のところ関係ない人)

小林:みなさんお疲れ様でした。(←原稿書かないといけないところを座骨神経痛で寝込んで逃れた人)

やまね:でした。(←Debianなので関係ない人)

編集S:というわけで、Ubuntu Magazine Japan Vol.05は8月31日に発売だ! 付録は編集Sのごり押しで実現した、高品位転写式ステッカー!

あわしろいくや:イベント用に先行して頂いたんですけど、今回のステッカーは品質が良すぎて驚愕しましたよ。

ミズノ:もうちょっとでラノベ山崩すところだったんですね!

黒瀬:いくやさんち、油断してラノベ山崩すと生き埋めですからねー。

あわしろいくや:ある意味では本望ですな!

黒瀬:もちろんストレージゴッドとして、HDDによる生き埋めも可能となっております。

あわしろいくや:ゴッドなのにHDDに負けるんですな!

瀬尾浩史:ストレージゴッド、いろんな意味でハンパないペン……。

編集S:さて、宣伝もすんだので、翻訳編の続きだっ!


(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン