このページの本文へ

SanDisk「C25-G3」シリーズ

100年以上使えるSanDisk製SSD「C25-G3」シリーズが発売

2010年07月16日 23時07分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 フラッシュメモリ関連製品で定評のあるSanDiskから、長寿命を誇る2.5インチSSD「C25-G3」シリーズが発売となった。

「C25-G3」 フラッシュ関連製品では定評のあるSanDiskから、長寿命を誇る2.5インチSSD「C25-G3」シリーズが発売

 「C25-G3」シリーズは、SSDのランダム書込速度を100倍以上に向上させる可能性を持つという独自技術「ExtremeFFS」アルゴリズム採用の2.5インチSSD。平均故障間隔(MTTF)は従来のHDDに比べ最大6倍以上となり、HDDの40倍となる耐衝撃性、さらに240GBモデルの場合、長期データ耐久性指標(LDE)は160TBW(160テラバイトの書込み)で、一般的ユーザーの利用想定で100年以上の使用にも耐える事ができるという。
 ただ、今回は発売となったのは容量60GBの「SDS7CB-060G-G25」と同120GBの「SDS7CB-120G-G25」の2モデル。240GBモデルは未発売となっている。主なスペックはインターフェイスがSerial ATA(3Gbps)で、MLC型NANDフラッシュを搭載。Windows 7のTrimコマンドに対応し、データ転送速度は最大読込速度220MB/sec、最大書込速度120MB/secとなる。販売しているのはアークで、価格は60GBの「SDS7CB-060G-G25」が2万3980円、120GBの「SDS7CB-120G-G25」が3万9800円だ。

スペック
240GBモデルでは一般的ユーザーの利用想定で100年以上の使用にも耐える事ができるとか。Windows 7のTrimコマンドに対応し、データ転送速度は最大読込速度220MB/sec、最大書込速度120MB/secとなる

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中