このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第94回

メモリ界の大御所CORSAIRが作るSSDはやっぱり凄かった

2010年07月10日 12時00分更新

文● 池座 優里

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ここのところ、メモリや電源に加えてSSDにも力を入れているCORSAIRから、SandForce製コントローラ「SF-1200」を搭載した2.5インチSSD「Forceシリーズ」3モデルが発売になった。SandForce「SF-1200」といえばシーケンシャルアクセスだけでなくランダムアクセスも高速で、最近注目されているモデル。採用するメーカーも多岐にわたり、今が旬ともいえる人気コントローラーである。
 そこで、今回はCORSAIRの国内正規代理店でもある株式会社リンクスインターナショナルの協力により、「Forceシリーズ」の新製品3モデルをすべて借りることができたため、その性能について検証していきたい。

SandForce製コントローラ「SF-1200」を搭載した「Forceシリーズ」の新製品。容量60GB、120GB、240GBの3モデルが用意されており、最大読み込み速度は285MB/s、最大書き込み速度は275MB/sとなる

CORSAIR「Forceシリーズ」の新製品3モデル

 まずは「Forceシリーズ」のラインナップを確認してみよう。「Forceシリーズ」はその名の通りSandForce製のコントローラを搭載した製品で、すでにMicron製NANDフラッシュを採用し、容量200GBの「CSSD-F200GB2-BRKT」が4月に発売されている。今回チェックするのは容量60GBの「CSSD-F60GB2-BRKT」、120GBの「CSSD-F120GB2-BRKT」、240GBの「CSSD-F240GB2-BRKT」の3製品。いずれも搭載するNANDフラッシュはMicron製からIntel製に変更されている。同シリーズでありながら、異なるNANDフラッシュを採用しているのは、発売時期の違いだろうか。下の表にもある通り、転送速度など基本スペックは変わらないので、一応気に留めておく程度でいいだろう。

スペック表
型番 CSSD-F60GB2-BRKT CSSD-F120GB2-BRKT CSSD-F240GB2-BRKT CSSD-F200GB2-BRKT
容量 60GB 120GB 240GB 200GB
最大読み込み速度 285MB/s
最大書き込み速度 275MB/s
NANDフラッシュ Intel製 MLC Micron製 MLC
サイズ 100×69.85×9.5mm
重量 65g
実売価格 1万8000円前後 3万4000円前後 6万6000円前後 7万7000円前後

 また、SandForce製のコントローラを搭載した製品には必ず予備領域が必要で、これまでの製品では全体の30%程度を確保している製品が多かった。ところが、本製品では予備領域の割合を減らし、実際に使用できる容量を増やしている。
 これは、クライアント向け製品として容量と信頼性のバランスを考えた上で、予備領域を削減しても十分に信頼性をクリアできると判断したためだと思われる。3年間の製品保証も付いているので、使用できる容量が増えた点は素直に評価できるだろう。

左からの「CSSD-F60GB2-BRKT」、「CSSD-F120GB2-BRKT」、「CSSD-F240GB2-BRKT」。アルミ製のケースを採用し、CORSAIRお馴染みのデザインとなっている
CrystalDiskInfoの結果。いずれのモデルともインターフェースはSATA2.0(3Gbps)に対応。さらにNCQ、TRIMにも対応していることがわかる
裏面の4本のネジを外せば基板を確認できる。ただし、ネジはシールで封印されており、ネジを外すと保証対象外になるので、分解は自己責任となるSandForce製コントーローラ「SF-1200」の3方を取り囲むようにIntel製NANDフラッシュメモリが配置されている
搭載するコントローラチップはSandForce製「SF-1200」。キャッシュメモリは不要なため搭載されていない

SandForce製コントローラチップの特徴

 ベンチマーク計測に入る前に、SandForce製コントローラチップの特徴について簡単に触れたい。最近発売されるSSDのコントローラチップはキャッシュメモリを搭載するものが多いなか、SandForce製コントローラチップではあえてキャッシュを搭載せず、データを圧縮してアクセスする独自のアルゴリズムを採用して書込み回数を減らすとともに高速化を実現している。
 製品には、エンタープライズ向けの「SF-1500」と、今回紹介する「Forceシリーズ」を始めとした多数のメーカーでも採用されているクライアント向けの「SF-1200」の2種類がある。両モデルともSATA2.0(3Gbps)/SATA(1.5Gbps)をサポートし、パフォーマンスはシーケンシャルリード、ライトとも最大260MB/s。性能に直接関係する違いはIOPSランダムライトが3万から1万になる程度で、それ以外は主に耐久性やセキュリティ機能の違いとなる。
 実際の製品でも性能に大きな違いは無く、最近では価格の安い「SF-1200」を採用した製品が多くを占めているというのが現状だ。なお、各コントローラのスペックは以下のとおりとなる。

SandForceスペック表
チップ名 SF-1500 SF-1200
対応インターフェイス SATA2.0(3Gbps)/SATA(1.5Gbps)
最大容量 512GB
シーケンシャルリード 260MB/s
シーケンシャルライト 260MB/s
ランダムリードIOPS 30,000
ランダムライトIOPS 30,000 10,000
対応NANDフラッシュ SLC/MLC両対応 MLCのみ
データ暗号化 128bit AES Compliant
暗号キーは任意
128bit AES
消費電力 950mW 550mW
平均故障寿命 10,000,000時間 2,000,000時間

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中