このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

いま旬のビジネスPC ― 第12回

コストパフォーマンスの高さも魅力

タブレットPC「HP EliteBook 2740p」を試す

2010年06月28日 09時00分更新

文● 花茂未来/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
今回は金属筐体採用で、質感にも優れたHPのコンバーチブルタブレット「2740p」を紹介する

 4月22日、日本HPはビジネス向けノートパソコン4機種を発表した(関連記事)。その中の1台である「HP EliteBook 2740p」(以下、2740p)は、Core i7を搭載したコンバーチブルタブレットPCだ。

 コストパフォーマンスの高さが目立つ製品で、Core i7と160GBのIntel製SSDの構成でも20万円を切る価格を実現している。高いという印象が強いタブレットPCのイメージを覆す価格と言っていいだろう。

「HP EliteBook 2740p」

 外観はHPらしいシックなイメージでまとめられている。外観はシルバーで統一され、天板のHPのロゴのほか、パームレストや電源スイッチなどはヘアライン加工を施したアルミニウムを使用している。

背面および前面。基本的にシンプルな構成と言える
スライド式の電源スイッチと無線LANスイッチはアルミニウム製

 最小構成時の2740pの直販価格は、XPダウングレードモデルでは18万9000円から。CPUはCore i7-620M(2.66GHz)で2GBのメモリー(PC3-10600準拠)と250GBのHDDを搭載している。OSはWindows XP Tablet PC Edition 2005(Windows 7 Professional 32bit版からのダウングレード提供)となる。

 液晶ディスプレーは12.1型ワイドで、解像度は1280×800ドットに対応し、指でも付属のペンでも入力できるタッチパネル式だ。

 今回の評価機は、6月下旬販売開始予定のWindows 7 Professional 32bit版と、160GBのSSDを搭載したゼロスピンドルモデルだ。それ以外のスペックは上記と変わらず、直販価格は19万9500円からとなる。SSDを搭載しつつも、XPダウングレードモデルとの価格差は1万500円しかない。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事