このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

液晶一体型なのにこの音質!

オンキヨー「DE713」で満喫するAVライフ

2010年06月29日 12時00分更新

文● 川添貴生/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 iPod、BDレコ、デジタルテレビ――爆発的に普及しつつあるこれらの機器をマイルームに置きたいと考えると結構大変。テレビとBDレコはAVラックが必要だし、iPodの音楽を聴くならDockスピーカーも欲しい。さらにある程度音にこだわるならアンプ&スピーカーも……きりがない。

 これらが全部、スマートなディスプレー一体型PCにまとめられるとしたらどうだろう? そんな要望を叶えてくれそうなPCがオンキヨーの「E7」シリーズである。今回はオンキヨーの直販サイト「ONKYO DIRECT」のダイレクトモデル「DE713」を中心に紹介したい。


機能てんこ盛りで
コストパフォーマンスもいいDE713

「DE713」 スタイリッシュなデザインの「DE713」

 DE713はOSに「Windows 7 Home Premium」(64/32bit版)を搭載したディスプレー一体型のデスクトップPCだ。23型ワイドで1920×1080ドットの解像度を持つグレアタイプの液晶ディスプレーを搭載する。

 フルHD(1920×1080ドット)表示が可能な高解像度の液晶ディスプレーが珍しくなくなり、Blu-ray Discなどで供給される美しい映像を楽しめるPCが増えている。ただ、いざ映画などを視聴してみると、思ったよりも迫力を感じないことがある。これはその作品が持つ「音」の魅力を十分に引き出せていないことが原因だ。

本体前面のスピーカー部(左)。背面(右)からも音が出るようになっている

 DE713はこうした問題に真正面から取り組み、“AV機器”として活用できるクオリティを持つスピーカーを搭載したのが特徴だ(次ページで詳しく解説する)。

普段は隠れているが、本体右側面にある突起を引き出すと「iPod Dock」が現れる 普段は隠れているが、本体右側面にある突起を引き出すと「iPod Dock」が現れる

 変化しつつあるコンテンツを取り巻く状況にしっかり対応している点も見逃せない。特に目を引くのが、側面に備えられている「iPod Dock」だ。現在iPodは、単なる外出先で音楽を楽しむためのデバイスというだけでなく、大量の音楽が蓄積された「音楽ライブラリー」として、各種オーディオシステムと連携させる機会が増えている。DE713でもiPod Dockを用意することで、ケーブルレスでのPCとの連携を可能にしたほか、手軽にiPod内の音楽を楽しめるようになっている。

本体背面の端子部。USB 2.0×3の右にHDMI入力、eSATA端子を搭載する。また、Ethernetポートの右はサラウンド出力を兼ねた音声入出力端子を備える 本体右側に内蔵されたBDドライブ※
本体背面の端子部。USB 2.0×3の右にHDMI入力、eSATA端子を搭載する。また、Ethernetポートの右はサラウンド出力を兼ねた音声入出力端子を備える本体右側に内蔵されたBDドライブ※
※BTOにてBDドライブ選択時

 地上デジタルとBSデジタル、そして110度CSデジタルの3波に対応したテレビチューナーを搭載可能で、液晶テレビと同様に使うことも可能だ。さらに2番組同時録画にも対応している。

 加えて記録型BDドライブも搭載可能で、Blu-ray Discで提供されている映画などをそのまま楽しめるほか、地上デジタルなどで放送されたテレビ番組を高品位なままBDに記録できる。設置場所やコストの問題から、液晶テレビやBDレコーダーの導入に踏み切れなかったユーザーには、両方を備えている上にPCとしても使えるDE713の魅力は非常に大きいのではないだろうか。

 そのほかのインターフェイスとしては、サウンド環境をアップグレードする、センター/サブウーファー用、そしてリアスピーカー出力端子が用意されているほか、ライン出力端子やS/PDIF(光角形)出力端子が用意されている。ネットワークは1000BASE-T対応の有線LANと、IEEE802.11 b/g/n準拠の無線LANインターフェイスを備えており不足はない。

イメージ
本体左端にアイコン(左)が表記されており、その裏に対応するボタン(中央)を装備。ボタンの下にはSDメモリーカード(SDHC、SDXC対応)兼メモリースティック(Pro対応)スロットやUSB 2.0×3、IEEE 1394端子などを備える

 PCらしからぬデザインも、この製品の大きな特徴だろう。外観はとにかくシンプルで、リビングのテレビラックの上に置いても違和感がない。また薄型のため、設置場所を選ばないのもメリット。さらに液晶テレビやBDレコーダーとしての機能を備えていることから、ゴチャゴチャしがちなテレビ周りをスッキリできることも大きな魅力だ。

 今回試用したDE713は、Core i3-530(2.93GHz)、4GBメモリー、1TB HDD、Blu-ray Disc、デジタルテレビチューナーというスペックで、価格は15万4800円。そのほか選択できるスペック、価格は以下の通り。


DE713の主なスペック選択項目
CPU Core i3-530(2.93GHz)標準
Core i3-540(3.06GHz)+5000円
Core i5-650(3.20GHz、TB時最大3.46GHz)+1万5000円
メモリー 2GB 標準
4GB +1万円
8GB +2万5000円
HDD 320GB 標準
500GB +3000円
1TB +9000円
1.5TB +1万2000円
2TB +1万8000円
光ドライブ DVDスーパーマルチドライブ 標準
Blu-ray Discドライブ +1万6000円
テレビチューナー なし 標準
あり +2万円
Office なし 標準
Microsoft Ofiice Personal 2010 +2万円
Microsoft Ofiice Home and Business 2010 +3万円
Microsoft Office Professional 2010 +5万円
セキュリティーソフト マカフィー・PCセキュリティーセンター 90日期間限定版 標準
マカフィー・PCセキュリティーセンター 15ヵ月版 
+4980円
マカフィー・PCセキュリティーセンター 36ヵ月版 
+1万1500円
延長保証 なし(1年) 標準
3年 +7000円
4年 +1万2000円
5年 +2万3000円

 ちなみに標準構成(Core i3-530、2GBメモリー、320GB HDD、DVDスーパーマルチドライブ)の価格は9万9800円。テレビチューナーは内蔵しないが、高品位な液晶ディスプレーやスピーカー、iPod Dockといった装備は変わらず、コストパフォーマンスは極めて高いと言える(上記価格や選択できるスペックは2010年6月14日現在のもの)。

 また、直販サイトでは、配送料無料や「ONKYO DIRECTポイント」の10倍還元などDE713のキャンペーンなどを現在実施している。

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART