このページの本文へ

ドコモのCMキャラクター、成海璃子さんも登場

「Xperia」発売イベント開催 ドコモ山田社長は自信満々

2010年04月01日 14時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
カウントダウンイベント
秋葉原のヨドバシカメラと有楽町のビックカメラでXperiaの発売記念イベントが行なわれた。山田社長のほか、成海璃子さんも登場

 NTTドコモは4月1日、Android搭載の新スマートフォン「Xperia」を発売した。午前にはヨドバシカメラマルチメディアAkibaとビックカメラ有楽町店の両店で発売記念イベントも開催された。

山田社長 Xperiaに自信たっぷりの山田社長。iPhoneやソフトバンクのライバル端末にも「負けていないと思います」とコメント

 NTTドコモの山田隆持代表取締役社長は「Xperiaはコミュニケーション自体がエンターテインメントになる。ドコモが自信を持って発売する端末」と自信を見せる一方、すでに5万を超える事前予約があると好調をアピール。また「日本でもスマートフォンの時代が来たなという実感」と感想を語った。

成海璃子さん
成海璃子さんはXperiaで「新感覚エンターテインメントを楽しんでください」とのこと

 イベントにはドコモのCMでおなじみの成海璃子さんも登場。控室で使ってみた感想として「持ったときすごく軽くて、見た目もかわいいと思った」とのことで、「白とかデザインもいいと思います」とカラーバリエーションでは“Luster White”(ラスターホワイト)のほうが気に入ったようだ。

 なおイベント後の囲み取材で山田社長は、今後スマートフォンを1台目の端末として持ってもらうための課題として、「iモードメールを今年中、秋くらいに入れたい。おサイフケータイやワンセグにも対応したい」とケータイの機能を組み込んでいく姿勢を見せた。

 ちなみに開店後のヨドバシカメラ、ビックカメラでは、事前予約のユーザーによって長蛇の列ができあがっていた。気になる実売価格は取材時点のビックカメラ有楽町店で、2年契約を前提とした端末購入サポートを適用した場合、新規契約で3万6792円または1533円×24回払い(デビュー割適用時)、機種変更時は3万9984円または1666×24回払い(ご愛顧割適用時)となっていた。

価格 お値段はビックカメラではこのように表示されていた
Desire ヨドバシカメラではXperiaのブースのすぐ横にソフトバンク「HTC Desire」が。Xperiaに対するメリットもアピール。こちらは今日から予約を開始する

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン