このページの本文へ

XperiaのAndroid OS 2.1のアップグレードは11月10日から

2010年11月04日 18時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモは、4月に発売したAndroid端末「Xperia(SO-01B)」のOSアップグレード(1.6→2.1)を11月10日に開始することを発表した。

ホーム画面にアプリアイコンが表示されるようになった。ライブ壁紙も適用可能

 今回のアップグレードにより、すでに相当数存在したAndroid OS 1.6に未対応のアプリケーション(セカイカメラ、Google Earthなど)の動作や、複数のGoogleアカウントへの対応、ライブ壁紙の設定、HD動画の撮影といった、Android OS 2.1共通の機能のほか、XperiaならではのMediascapeやTimescapeなどでも進化が行なわれている。

 具体的にはTimescapeでSNSなどのコメントを表示する際、タイル内のテキストが自動でスクロールされることで、全文が確認できるようになったり、Mediascapeでの写真閲覧の切り替えが左右のスライド操作で可能になる、などが挙げられる。

結局はTwitterのサイトにアクセスが必要だったTimescapeの機能が強化されている。壁紙も変更可能に

 さらなる変更点としては、球状を描くのが面倒だったロック解除の操作が改善されたほか、ブラウザーで見たい部分をダブルタップすると、その部分が拡大される「ダブルタップズーム」が追加されている。なおマルチタッチには対応しておらず、ピンチイン/アウトによる拡大縮小操作は不可能だ。

地味にうれしいロック解除操作の変更。また電話帳からはショートカット操作が可能に

 アップグレードに要する時間は約10~20分。Xperia単体ではバージョンアップできず、専用ユーティリティをPCにインストールした上で実際の操作を行なうことになる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART