このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

SUPER GTに痛車が参戦! 初音ミク×GSRポルシェ密着レポート ― 第1回

ミクGTの参戦体制が決定! ASCII.jpの応援シートも開催!

2010年02月02日 20時42分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2010年はポルシェで参戦!
ニコニコ生放送で詳細を発表!

 いよいよ待ちに待った発表が2月1日のニコニコ生放送で行なわれた。グッドスマイルレーシングの今年の参戦体制である。

生放送前の打ち合わせ風景。大幅な体制変更を発表するため、スタッフのみなさんは緊張気味?

 生放送を見ていない人のために、参戦発表をまとめると以下の通り。

  1. 「AS Studie Racing」での参戦継続が不可能になったため、チーム名を「GOODSMILERACING with COX」として再出発

  2. チーム監督は大橋逸夫氏(おおはっさん)に。スポーティングディレクターとしてStudieの鈴木代表が就任

  3. 車種はポルシェ 911(Type996)GT3 RSR

  4. クリプトン・フューチャー・メディア公認の「レーシングミク」がイメージキャラクター。イラストレーターはredjuice氏

  5. 2009年末に募集した最終個人スポンサーは2010年度最初の個人スポンサーとして登録される

  6. 今期の個人スポンサーの詳細、ドライバー、レースクィーン、コスチューム、カラーリング、イメージソングなどは2/7のワンフェスかそれ以降に発表

なんでBMWをやめちゃったの!?

 それぞれに補足すると、まず1だが、2008年から参戦していたチーム運営母体である「アドバンスステップ」が諸事情により今シーズンの参戦を断念、Z4はアドバンスステップの所有だったため、それに伴ってZ4での出場も不可能になってしまったとのこと。しかし、「ファンの力で走るチーム」をコンセプトに掲げるグッドスマイルレーシング(以下、GSR)としては、このまま出場できなくなってしまっては個人スポンサーやファンに申し訳ないとあらゆる可能性を模索していた。そんなとき、Studieの鈴木代表から、モータースポーツの名門「COX(コックス)」を紹介され、今期、タッグを組むことになったのだ。なお、COXはフォルクスワーゲンやアウディなどのレーシングパーツの開発・販売を行なっているが、ポルシェのワンメイクレース「ポルシェ・カレラカップ・ジャパン」のオーガナイザーでもある。

じゃじゃーん! これが今シーズンのチーム体制だッ!

 2だが、チーム監督として、自身も積極的にモータースポーツに参加しているおおはっさんが大抜擢。K4-GPではその采配で無事にミクビートを完走させた実績もある。果たして、SUPER GTという国内最高峰の人気・規模を誇るレースをどのような戦略で戦い抜くのか楽しみだ。そして、今回チーム参戦のキーパーソンとなったStudieの鈴木代表は、StudieというBMWショップの代表としてではなく、アドバイザー的な立場で個人的にチームに関わることになった。ポルシェはBMWにとって追いつけ追い越せの存在。BMW一筋の鈴木氏だが、そんなライバルの研究も兼ねているとか(笑)。

バリっとスーツに身を包み、今シーズンへの意気込みを語る、おおはっさんこと大橋監督と鈴木スポーティングディレクター

ポルシェって速いの!?

 次は3。ポルシェはSUPER GTでは様々なチームが採用しているため、Z4と比べると目新しさがあまりないのは事実だが、マシンに関するデータとノウハウが豊富にあるため、初戦から表彰台が射程距離に入るだろう。この911(Type 996)は1997~2004年にデリバリーされていたモデルで、ポルシェが空冷から水冷エンジンに転換した記念すべき車種である。ベースとなっているのは2002年にマイナーチェンジした996後期型。もう時代がニューモデルのType997に移行しようとしていた2004年に、ポルシェAGが威信を賭けてモータースポーツに投入したのが、996 GT3 RSRだ。ロードカーであるGT3RSと比べ、ワイドになったが軽量化されたボディ、シーケンシャルミッション、ECUにMOTECを採用するなど、大幅にモディファイされている。ルマンを始めとする耐久レースで勝ちまくり、「買ってそのままで優勝できる」とポルシェブランドをより強固なものにした。

これは2006年度のジャパンルマンチャレンジで、河村隆一率いるチームが走らせ、見事優勝した「996 GT3 RSR」。これがRacingミク仕様になるなんて、胸が熱くなる! 写真/加藤智充

レーシングミクってどんなミクなの!?

 4は、ポルシェのボディに描かれるチームマスコットキャラクター・初音ミクのこと。クリプトン・フューチャー・メディア公認の初音ミクレーシング仕様「RACINGミク」で、絵師は「ワールドイズマイン」のイラストで有名なredjuice氏。残念ながら生放送では全容は発表されなかったが、2月7日のワンフェス会場で明らかになるとのことだ。続報はASCII.jpでもお伝えするのでお楽しみに。

生放送でチラっとお披露目されたが、正式発表は2/7までお預け。ここではインパクトレンチのみチラ見せ

 5だが、去年末に3939人限定として募集した個人スポンサーのこと。自動的に2010年度の個人スポンサーとして登録されるが、もしスポンサーを降りたい(キャンセル)という場合は「kojin@goodsmileracing.com」までメールをすれば対応してもらえる。なお、特典はすべて刷新して発送するとのことなので、今しばらく待っていただきたい。今年は個人スポンサーのシステムも若干変わるらしいぞ。

 最後の6に関しては、発表できることはワンフェスで発表するが、決まっていない情報については、随時ブログなどで配信するという。ワンフェスではRacingミクのイラストとマシンがお披露目されるが、マシンのデザインは暫定となる(暫定ちゃんではない)。また、3月5~6日に鈴鹿で開催されるSUPER GTの合同テストには8割方参加が決まっており、参加する場合はASCII.jpでも取材する予定だ。

 以上のように、大幅な体制変更というか、まるっきり新しいチームになったと言っても過言ではないが、ファンの声援でミクが走り続けることには変わりはないので、引き続き応援していこう! ASCII.jpは、もちろん今年も密着します!

 というわけで、次のページでは応援シートについて発表しよう。

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ