このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

痛車の戦闘力をとくと見よ!

痛車vsポルシェ再び! 痛車で7時間を走りきった!(動画あり)

2010年01月23日 21時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 撮影●痛車カメラマンK、TEAM VOCALOID、編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

またまた帰ってきた!
痛車の聖地、富士スピードウェイに!

 去年の茂原サーキット、そしてあうとさろーねの取材中に、とある痛車オーナーさんから

1月17日に富士スピードウェイで開催される7時間耐久レースに痛車チームで出るんですけど、ドライバーで出ませんか?

とのオファーをいただいた。ん? 正月明けの7時間耐久レースといえば、去年も開催されて筆者も出場したイベントではないか!(関連記事

 去年の7時間耐久以来、サーキット走行をしていなかった筆者は望むところとばかりにオファーを受け、痛車チームのドライバーのひとりとしてレースにエントリーした。なお、グッスマチームは今回はシンクマークレーシングとして出場。ミクZ4のチューナーである片山メカニックにミクビートを預け、次の週に開催されるK4-GP 9時間耐久レースの前哨戦として参加していた。同じピットにはレースクィーン(?)たちを率いるフェリスレーシングがPiaキャロヴィッツを持ち込み、1台の痛車で7時間という長丁場に挑んだ。

 今回の大沼プランニング主催「FSW新春おもいっきり7時間耐久レース」は全部で85チームものエントリーがあり、人数もクルマも何百人(台)が集まり、富士スピードウェイ(以下、FSW)のピットはかなりの混雑。しかも、参加チームの6割ほどがポルシェ! 去年と同じく「壊さないように走る」ことを目標にし、FSWに向かったのだった。またあの「大リーガーの試合に出る草野球少年」の気分になるのか……。

 7時間あれば何がおきてもおかしくない。そんな波乱に富んだ7時間耐久レースの様子をフォトレポートでお届けする。

参戦車両

TEAM VOCALOID

スズキ Kei WORKSホンダ シビック Type R
プジョー 106 S16ミツビシ ランサーエボリューション9
トヨタ カローラレビンBMW Z4 MC
トヨタ ヴィッツカップカーマツダ ロードスター

フェリスレーシングチーム

トヨタ ヴィッツカップカー(Piaキャロットへようこそ!!)

シンクマークレーシングチーム

ホンダ ビート(初音ミク)

ライバルたち

ハンコックポルシェ?ウェッズスポーツポルシェ?
ダッヂ・ヴァイパーシボレー・コルベット
ケータハム・スーパーセブンフェラーリ・F360
ブラックバード(ポルシェターボ)シボレー・カマロ(痛車じゃありません)

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社