このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

2010年 PC新製品新春モデル一斉発表 ― 第3回

新CPU搭載ノートにCULVノートも登場 VAIO新製品発表

2010年01月18日 12時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーは18日、VAIOシリーズのノート・デスクトップパソコン新製品10シリーズを一斉に発表した。1月8日に発表されたインテルの新CPUを採用した新プラットフォーム「Calpella」を搭載するノートパソコンが多数含まれるほか、VAIOシリーズ初のCULVノート、新Atom採用のネットブックなど、意欲的なラインナップとなっている。店頭販売モデルの価格は、全機種オープンプライス。


新CPU+独立GPU搭載のテレビノート
VAIO F

VAIO F
VAIO F「VPCF119FJ/BI」

 大型ノートにラインナップされる「VAIO F」シリーズは、新CPU搭載などハードウェア面が大幅に強化されたほか、従来のハイエンドノート「VAIO type A」シリーズのクリエイター向け要素も取り込んだ高付加価値指向の製品となった。

 店頭販売モデルは3機種で、全機種が16.4型ワイド/フルHD解像度のディスプレーを搭載する。さらに、最上位機種で写真/ビデオ編集向けの「Creation Line」に位置付けられる「VPCF119FJ/BI」(F119)は、色空間規格「Adobe RGB」のカバー率100%をうたう高画質な液晶ディスプレーを採用する。

 搭載CPUには、F119がクアッドコア+ハイパースレッディング(HT)のCore i7-720QM(1.60GHz)を、中位機「VPCF118FJ/W」(F118)はデュアルコア+HTのCore i5-520M(2.40GHz)を、下位機「VPCF117FJ/W」(F117)はデュアルコアのCore i3-330M(2.13GHz)を採用している。

VAIO Fの天板側 VAIO Fの天板側。ボディーデザインはおとなしめだが、ヒンジ部側面にシリンダーの面影が残る

 インテルの新Core i5/3は、CPU内にグラフィックス機能を内蔵する点を特徴としているが、新しいVAIO Fシリーズはグラフィックス性能を重視して、全機種が最新のNVIDIA製GPUを搭載する点も特徴である。最上位のF119には「GeForce GT 330M」(ビデオメモリー1GB)、それ以外の機種も「GeForce 310M」(ビデオメモリー512MB)を搭載している。

 これらのGPUは3Dグラフィックス性能に優れるだけでなく、NVIDIAの汎用GPU演算技術「CUDA」にも対応。市販のCUDA対応アプリケーションのほか、本体にプレインストールされた写真・ビデオ管理/編集ソフト「Picture Motion Browser VAIO Edition」による、GPUを使った動画の超解像化や画質補正機能を利用できる。

VPCF118FJ/W 本体色がホワイトの「VPCF118FJ/W」

 そのほかにも、全機種が地上デジタル放送チューナーを2基内蔵。2番組同時の録画が可能となっている。またF119と中位機F118には、記録型BDドライブも搭載されている。また、パソコンのトラブルシューティングやリカバリー、サポート窓口の情報などを提供する機能「VAIO Care」をワンボタンで呼び出せる「ASSIST」ボタンが、キーボード上部に用意された。

VAIO Care パソコンの“安心”にまつわる機能をまとめて提供する「VAIO Care」。2010年春モデル共通の機能で、[ASSIST]ボタンがある機種はボタンひとつで呼び出せる

 予想実売価格は、F119が約24万円前後、F118が19万円前後、F117が17万円前後と想定されている。発売日は1月23日の予定。主な仕様は以下のとおり。

VAIO F(VPCF119FJ/BI) の主な仕様
CPU Core i7-720QM(1.60GHz)
メモリー DDR3-1333 4GB
グラフィックス GeForce GT 330M
ディスプレー 16.4型ワイド 1920×1080ドット
ストレージ HDD 500GB
光学ドライブ 記録型BDドライブ
テレビ機能 地デジチューナー×2
無線通信機能 IEEE 802.11a/b/g/n、Bluetooth 2.1
サイズ 幅387.2×奥行き263×高さ31~43.5mm
質量 約3.2kg
バッテリー駆動時間 最大 約2時間
OS Windows 7 Home Premium 64bit版
予想実売価格 24万円前後
VPCF118FJ/W の主な仕様
CPU Core i5-520M(2.40GHz)
メモリー DDR3-1066 4GB
グラフィックス GeForce 310M
予想実売価格 19万円前後
それ以外の主な仕様はVPCF119FJ/BIと同等
VPCF117FJ/W の主な仕様
CPU Core i3-330M(2.13GHz)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
予想実売価格 17万円前後
それ以外の主な仕様はVPCF118FJ/Wと同等

 店頭販売モデルのほかに、CTO方式で販売されるVAIO OWNER MADEモデル(VOMモデル)では、ソニーが開発した近接無線伝送技術「TransferJet」の通信機能の内蔵が可能となっている。TransferJetは、数cm程度の近距離で最大560Mbps(理論値)もの高速無線データ転送が可能な新しい通信技術である。対応するデジタルカメラやビデオカメラなどを、同機能を内蔵したパソコンのパームレスト部分に置くだけで、互いを接続してデータ転送が可能になる。

 TransferJetを推進する業界団体には、ソニー以外にも国内外の家電・カメラ・携帯電話メーカーなどが加盟しており、ライセンスフリーということもあって、今後の普及が期待されている。ソニー自身からは、TransferJet機能を内蔵したメモリースティックや、デジタルカメラが発売される予定である。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン