このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

IMEとして「変態」 開発陣が語るGoogle日本語入力

2009年12月24日 12時00分更新

文● 松本淳

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ネットスラングもたちどころに入力出来る柔軟性が売りのGoogle日本語入力。「ただしい」と入力すると、即座に「ただしイケメンに限る」が表示される

 グーグルには、勤務時間の20%を自由な企画・開発に当てていい「20%プロジェクト」という制度がある。Google検索での誤入力に対して、正しい検索キーワードを勧める「もしかして」というスペリングコレクション機能を担当している、ソフトウェアエンジニアの工藤拓氏が、同じくエンジニアの小松弘幸氏と、この「20%」で進めていたのが「Google日本語入力」だった。

 工藤氏が「変換」のコアな部分、小松氏がWindowsやMacintoshといったマルチプラットフォームへのつなぎ込み部分を主に担当してプロジェクトを進めた。そして仮バージョンができた時点で、相談を寄せたのがシニアプロダクトマネージャ(当時)の及川卓也氏だ。

 2010年に登場するChrome OSへの搭載も予定され、Googleの日本展開の重要なツールとなるGoogle日本語入力の生みの親に、その狙いや開発の思想を聞いた。


Google日本語入力に「ビジネスモデルは存在しない」

―― 既存のIMEが、有償OSとのバンドルであったり、パッケージ製品として販売されるものであるのに対し、Google日本語入力が無償でありオープンであることは大きなインパクトをもたらしました。ビジネス戦略の中での位置づけはどうなっているのでしょうか?

現在はシニアエンジニアリングマネージャーの及川卓也氏。Microsoftの出身でもある及川氏に、インスタントメッセンジャーで工藤氏・小松氏に「これを製品化したい」と相談があったのが、Google日本語入力プロジェクトの正規プロジェクトとしてのスタートだった

及川 まず「ビジネスモデル」と言われるものは存在しないんです。Googleのプロダクト全体について共通する考え方ですが、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスして使えるようにするというミッションに基づいたプロジェクトだと捉えています。

 日本語でGoogle検索を行なう際、キーボードから入力する文字列をIMEによって漢字仮名交じりの言葉に変換し、入力ボックスにその情報が送られるわけですが、「もしかして」の利用状況を見ても、かなりの頻度で誤変換が含まれていると考えています。

 こういった誤変換によって「ユーザーが目的とする検索結果に到達できなくなること」を防ぎ、また情報を発信したいユーザーにもその正確さや効率を高めることを目指して開発に取り組んだという経緯があります。

 開発の段階では色々なアイディアが出され、もっと面白い機能を盛り込むという選択肢もありました。しかし、そもそもIMEはその存在を意識することなく、空気のような存在、あるいは魔法のようにタイプした文字列が目的通りに変換されていることが理想だと考え、その原点にそって磨き込みをかけていきました。

 もちろん、様々なフィードバックは寄せられますし、それに対する改良・改善も行なっていき、出来るだけ早い時期に「β」の表記を外して安心して使って頂けるようにしたいと考えています。ウェブは生きた言葉の宝庫です。Google日本語入力を使うことでウェブの世界をさらに使いやすくするような方向でのバージョンアップを重ねていくつもりです。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART