このページの本文へ

MARKETING 現場でプロが培ったGoogle Analyticsの使い方 ― 第10回

参照トラフィックは新規ユーザー獲得のチャンス

2009年11月12日 15時00分更新

中野克平/デジタルコンテンツ部編成課

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

※この記事は「現場でプロが培ったGoogle Analyticsの使い方」の第10回です。過去の記事も合わせてご覧ください。


 Google Analyticsで解析できる3つWebトラフィックのうち、ノーリファラーと検索エンジンについての説明が済みました。今回からは、3回にわたって参照トラフィックを取り上げ、参照サイト経由のアクセスの増減に気づき、新規ユーザーを獲得したり、Webサイトがユーザーにどう利用されているのか分析したりする方法を紹介します。

 「参照サイトって、要するに掲示板やブログにリンクが貼られて、ユーザーがそのリンクをたどって訪れることですよね? 他社サイトでどう紹介されるかコントロールできないのに、アクセスを解析する意味があるんでしょうか?」――確かに他社のサイトでどう書かれるかはコントロールできません。CGM(Consumer Generated Media)型のサイトであっても、あからさまな自社サイトへの誘導は、「自作自演」として嫌われます。

 しかし、参照サイトから訪れる「紹介客」は、自社サイトだけではリーチできていなかった潜在ユーザーに、Webサイトの存在をアピールする絶好のチャンスです。であれば、参照トラフィックが増えるのはよいことですし、どうすれば増えるのかアクセス解析を通じて考えることは、Webサイトの運営に欠かせません。

 「Google Analyticsのメニューには、『参照サイト』と『全ての参照元』というよく似た名前のレポートがありますが、どちらを使えばいいのでしょうか?」――Webアクセスでいう「参照元」とは、Webブラウザーでリンクをクリックしたときのページです。Webブラウザーは参照元のURLをHTTPのrefererヘッダーに付けてリンク先のコンテンツをWebサーバーに要求します。

 たとえば、Googleで「Web Professional」と検索したとき、WebブラウザーのURLは「http://www.google.co.jp/search?q=Web+Professional」(URLの一部省略)になります。

検索結果

 ユーザーが最初に表示されている「ASCII.jp – Web Professional(ウェブ・プロフェッショナル)」のリンクをクリックすると、Webブラウザーは以下のようなHTTP要求をASCII.jpのWebサーバーに送信します。


WebブラウザーからWebサーバーへの要求(一部省略)

WebブラウザーからWebサーバーへの要求

 検索トラフィックのセッション数は、RefererにGoogleやYahoo!など、検索エンジンとして登録されたドメインからのアクセスを集計しているわけです。

 一方、ASCII.jpのトップページからグローバルメニューの「Web Professional」をクリックしたとき、Webブラウザーは以下のようなHTTP要求をASCII.jpのWebサーバーに送信します。


WebブラウザーからWebサーバーへの要求(一部省略)

WebブラウザーからWebサーバーへの要求

 Googleのリンクをクリックすると、RefererにはGoogleでユーザーがリンクをクリックした「http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=Web+Professional」が記載され、ASCII.jpのトップページをクリックしたときは、Refererには「http://ascii.jp/」が記載されます。

「そうすると、サイト内のリンクをクリックした場合も参照トラフィックになるのでしょうか?」――トラフィックにはノーリファラー、参照サイト、検索エンジンがありますが、リファラーの有無だけでトラフィックが決まるわけではありません。あくまでも、Webサイトを訪れた最初のページを要求するとき、リファラーがなければノーリファラートラフィック、リファラーが検索エンジンの検索結果の形式であれば検索エンジントラフィック、そうでなければ参照トラフィック、という分類です。

リファラーの内容 Google Analyticsでのレポート名
リファラーなし ノーリファラー
リファラーあり   全ての参照元
検索エンジンの検索結果の形式 検索エンジン
検索エンジン以外 参照サイト
analytics

「まとめて読みたい!」との読者のみなさまの声にお応えし、この連載が本になりました。書籍版はさらに読みやすく加筆修正のうえ、書き下ろしのコラムや記事公開後のアップデート情報も盛り込んでいます。

現場でプロが培った
Google Analyticsの使い方

本体 1980円+税、A5判256ページ(オール2色刷)
ISBN978-4048684125

Amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング