このページの本文へ

2009年秋開始アニメ大特集 ― 第3回

秋のアニメ大改編期! 必見なアニメはコレだ!【第3夜】

2009年09月30日 22時00分更新

文● コンテンツ計画

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

破天荒な治療の精神科医登場
「空中ブランコ」

空中ブランコ

作品解説
 原作は奥田英朗による同名の小説。2005年に映画化された「イン・ザ・プール」、「空中ブランコ」、「町長選挙」の3作併せて「精神科医伊良部シリーズ」と呼ばれており、シリーズの累計発行部数は約223万部を誇る人気作品だ。一見、破天荒とも思える治療を行なうとんでもない精神科医・伊良部と、精神的に病んだ患者たちとのやりとりを綴ったこの爽快傑作小説は、第131回直木賞を受賞している。
 TVアニメーション化にあたっては、「モノノ怪」の度肝を抜く映像美で一躍注目を浴びた中村健治監督をはじめ、キャラクターデザインと総作画監督を「モノノ怪」をはじめ、「機動戦士ガンダム00」や「ソウルイーター」などで原画を担当してきた橋本敬史が務める。そのほか、シリーズ構成の石川学や、色彩設計の永井留美子、CG監督の森田信廣など「モノノ怪」に参加していたスタッフが多く参加しており、再びこのチームが創り出す、これまでにない斬新な映像に注目したい。

空中ブランコ

あらすじ
 クリスマスを1週間後に控えた東京のとある町で、サーカスの空中ブランコ乗りである山下公平は落下ミスを繰り返し、不眠症を煩っていた。
 そんな公平が病院で出会ったのは、着ぐるみを着た謎の精神科医・伊良部一郎。往診と称して公平の生活につきまとう伊良部の前には、ヘッピリ腰の区役所職員やスキーゴーグル着用のヤクザといったちょっと変な人々が現れる。  面白がっているとしか思えない伊良部は治療をするのか? そして公平は心の病を克服できるのか?
 公平をはじめ、陰茎が四六時中屹立したままの区役所職員や尖端恐怖症のヤクザなど、さまざまな悩みを抱えた患者たちが訪れるのは、伊良部総合病院神経科。そこでカウンセリングするのは院長の息子・伊良部一郎。アシスタントは仏頂面のセクシー・ナース、マユミ(Fカップ)である。
 得体の知れない注射をとりあえず打ったり、治療とは思えないアドバイスをするなど伊良部の治療に患者は困惑するばかり……。
 果たして、患者たちの心の病は治り、元気を取り戻せるのか?

スタッフ
原作:奥田英朗
監督:中村健治
キャラクターデザイン・総作画監督:橋本敬史
シリーズ構成:石川学
脚本:石川学、村山功、田口智子
美術デザイン:常盤庄司
色彩設計:永井留美子
CG監督:森田信廣
音響監督:長崎行男
音楽:森英治
制作:東映アニメーション

空中ブランコ

キャスト
伊良部一郎:三ツ矢雄二、朴璐美
山下公平:森川智之
田口哲也:櫻井孝
星山純一:三木眞一
ほか

テレビ放送情報
フジテレビ 10月15日から毎週木曜日24:45~
(※放送日時は放送局の都合により変更になる場合があります)

公式サイトURL http://www.kuchu-buranko.com/

→次ページへ続く

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社