このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

四本淑三の「テレビを捨てよ、動画サイトを観よう」 ― 第11回

レスポールの死と、初音ミク「白いクスリ」削除問題を考える

2009年08月16日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

8月13日は「平沢唯のギー太を作った人」の命日だ

TBSストアで販売中の「平沢唯モデル初心者用エレキギター」。25万円のGibsonは手が出せなくても、2万9800円で買える「ギー太モデル」なら手が出る

 子どもの頃は「Les Paul」はギターの名前だと思っていたし、マルチトラックレコーダーで遊んでいた時代も、それを誰が発明したかなんて考えもしなかった。もっと早い時期に知っていれば別の側面から音楽に興味を持てたかも知れないのに。

 そういう個人的な反省に基づき、この偉人について広く知ってもらうには、今なら躊躇せず、こう言い切ってしまっていいのではないかと思った。

 「平沢唯のギー太を作った人だよ」と。

 Les Paulの業績で最も知られているのは、共鳴胴を持たないソリッドギターの原型を発案し、自身のシグネチャーモデルである「Les Paul Model」を開発したこと。

 これはGibson初のソリッドギターとして1952年から量産が始まり、今ではエレキギターの普遍的な形のひとつとして認識されている。

ソリッドギターの原型: THE LOG。1本の木で出来た中央部と側面のボディーは切り離し可能だった。


 それにしても「平沢唯モデル初心者用エレキギター」には驚いた。本物のLes Paul Modelはメイプルとマホガニーで出来ていて、女の子が持つにはちょっと重い。そこで素材を変えて軽量化というのがウリらしい。重くて辛いより軽くて楽な方が初心者には全然いいし、値段が高くて駄目な楽器はいくらでもある。「けいおん!」の主人公みたいに最初から25万円のGibsonが買えるのは、あれはマンガだからだ。

 そのLes Paulも8月13日、94歳で遂に亡くなってしまった。彼はジャズギタリストにしてソングライターであり、多重録音の手法を編み出し、マルチトラックレコーダーを発明した人でもあった。彼が作ったものによって無数の音が創られ、我々はそれで様々な音楽を耳にすることができた。

 Les Paulは自身のプレイスタイルを確固として持っていた人だったし、他人の音楽や表現にいろいろ思うこともあったはずだが、自分の作った楽器がどう使われようと文句は言わなかった。原形を留めないメチャクチャな改造を施されたり、フォー・レター・ワードを叫ぶ傍若無人なパンクロッカーにかき鳴らされたりしてもだ。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART