このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

WiMAX/XGP陣営に対抗して、従来比最高3倍のサービスを投入

イー・モバイル、最大21Mbps「HSPA+」のデモで対抗

2009年06月18日 21時52分更新

文● オカモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 イー・モバイルは8月上旬開始予定として、すでに発表している「HSPA+」規格によるデータ通信サービスについて(関連記事)、同社が所在しているビル内で記者向けにデモンストレーションを行なった。

 HSPA+はHSPA Evolutionとも呼ばれ、既存のW-CDMA/HSDPAなどの延長線にある通信規格。規格上は下り最大21.6Mbps、上り最大11.5Mbpsの速度を実現する。

フィールドテストでも10~15Mbps
新世代サービスに対抗する

D31HW
D31HW

 今回発表された対応端末の「D31HW」(Huawei Technologies製)は、下りは最大21.6Mbps、上りは5.8Mbpsに対応。従来からの下り7.2Mbps/3.6Mbpsの基地局に対しては、それぞれの速度で通信ができる。

 USB接続でコネクタはスライド方式で露出する。また、microSDHCに対応するカードスロットを搭載し、USBメモリのような感覚で利用することも可能。

 対応OSはWindows XP/Vista(Vistaは64bit版も含む)、Mac OS X 10.4以降。ベーシックでの契約時の初期費用、または買い増しでの販売時は4万1980円。新にねんでの新規契約時は1万7980円。

D31HW2D31HW3
汎用的なUSB接続型の「D31HW」。USBコネクタは側面のスライド操作で出てくる

 発表会では「商用の環境で14~15Mbpsの速度が出ている」と説明。「UQ WiMAX」や「WILLCOM CORE XGP」など、競合となる次世代サービスの影響についても「どこでも出るとは言えないが、実測で10Mbps以上が出ており、パフォーマンスの部分では他社に対抗できるのではないか」とした。

フィールドテストの結果会見中のデモ
屋外でのフィールドテストによる結果の例。11~15Mbps程度の速度が実際に確認されたとのこと。この速度であれば、WiMAXやWILLCOM CORE XGPなどと十分対抗できるという同社が入居しているビルでの説明会とあって、かなり理想的な環境であるとはいえ、ライブで18~19Mbps程度の速度が出ていた

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン