このページの本文へ

WWDC 2009 総力レポート ― 第2回

【速報】WWDC基調講演、新iPhoneなど怒濤の発表

2009年06月09日 06時32分更新

文● 広田稔/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

WWDC 2009
WWDC 2009 基調講演の様子

 米アップルは現地時間の8日、開発者向けイベント「WWDC 2009」の基調講演にて、以下の新要素を発表した。


新型iPhone「iPhone 3G S」

 16/32GBモデルの2種類を用意。パフォーマンスの向上、ビデオ撮影への対応、カメラの解像度が300万画素にアップ、デジタルコンパスを内蔵──といった新要素が盛り込まれた。国内では26日の発売予定。価格は未定。


新しいモバイル向けOS「iPhone OS 3.0」

 複数アプリ間におけるコピー&ペースト、写真やビデオをメッセージに含めて送れる「MMS」、ファイルやアプリを串刺し検索する「Spotlight検索」といった新機能を多数サポート。17日に提供開始。iPhoneユーザーは無償で、iPod touchユーザーは9.95ドルでアップデート可能。


ノート型Mac「MacBook」シリーズ

 バッテリー駆動時間が40%伸びて、SDカードスロットを新たに搭載した15インチMacBookが登場。旧来のアルミボディーのMacBookは「13インチMacBook Pro」としてProのラインに加えられた。これによりMacBookは、ポリカーボネート製のホワイトモデルのみとなった。17インチMacBook Pro/Mac Book Airでもスペックの向上や値下げなどのアップデートがされている。


次期OS「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」

 速度の向上やOSのファイル容量が6GB減ったことなど、どちらかと言えばマイナーアップデート。今年の9月に発売。Mac OS X 10.5のアップデートとして、価格は通常版(シングルユーザー)が29ドル、ファミリーパック(5ユーザー)が49ドルで購入する。


ウェブブラウザー「Safari 4」

 今までβ版で配布されていた「Safari 4」が正式版として登場。気に入ったウェブサイトを1画面に複数並べて表示できる「Top Sites」、ウェブページをiTunesのアートワークのように表示できる「Cover Flow」といった新要素が含まれている。本日からダウンロード可能。


 なお、基調講演の詳細は追って別記事でお届けする。

カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中