このページの本文へ

WWDC 2009 総力レポート ― 第1回

新型iPhoneが出るか!? WWDC 2009直前レポート

2009年06月08日 23時00分更新

文● 宮本朱美

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
WWDCの会場となるMoscone Centerの外壁には、大きな白いアップルマークと「WWDC 09」の文字が

 米カリフォルニア州サンフランシスコにて、あと3時間後にアップルのイベント「World Wide Developer Conference」(WWDC、世界開発者会議)が始まる。

 今年はiPhone OS 3.0のより詳細な内容、次期Mac OS X「Snow Leopard」が目玉になるとの予想ですが、新型iPhoneが登場する期待も高まっています! 病気療養中のスティーブ・ジョブズCEOの復帰は6月末とのことで、基調講演にはほかのエグゼクティブがあたる予定です(関連記事)。

 基調講演のせいか、それとも不景気のせいか、はたまた新型インフルエンザの感染を避けるためか、直前になって出席をキャンセルしたデベロッパーも多いと聞きます。ここでは、基調講演前日の会場の様子を写真でレポートしていきましょう。

Moscone Centerの1階窓ガラスには、さまざまなメーカーのiPhoneアプリのアイコンが散りばめられている
WWDC会場内部。「iPhone OS 3.0 The world's most advanced mobile operating system.」(世界で最も先進的な携帯用オペレーティングシステム)と書かれたバナーが
今年のもうひとつの目玉、Mac用の次期OS「Snow Leopard」の発表も行われる予定だ
WWDCに参加するデベロッパーがもらえる記念品。黒いTシャツと、ノートパソコン用リュックサック。リュックは、17インチMacBook Proがぴったり入る大きめサイズ
リュックのストラップ部分には、iPhoneがぴったりおさまるポケット付き。これは欲しい!

 基調講演中は、週刊アスキーで発表内容をライブ更新しております(関連リンク)。その後、ASCII.jpでまとめ記事を掲載しますので、どちらともお見逃しなく!


カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中