このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

パーソナルメディア、『T-Engine/SH7727開発キット』を発売

2002年07月30日 00時00分更新

文● 編集部

パーソナルメディア(株)は30日、TRONプロジェクトの推進するユビキタス環境の開発プラットフォーム“T-Engine(ティーエンジン)”の仕様に基づいた開発キット“T-Engine開発キット”の第1弾として、日立製作所のSH3アーキテクチャーを採用した『T-Engine/SH7727開発キット』を8月8日に発売する。価格は14万5000円で、直販となる。

T-Engineは、TRONプロジェクトの最終目的であるユビキタスコンピューティング環境を実現するためのハードウェアプラットフォームと、その上で動くリアルタイムOSやインターフェース仕様を標準化するプロジェクト。『T-Engine/SH7727開発キット』には、T-Engineのボード本体のほか、同社が開発した標準リアルタイムOS『T-Kernel』、Linux上で動作するGNUベースのクロス開発環境、仕様書や回路図などのドキュメント類で構成される。このキットと開発用のLinux搭載パソコンを利用することで、T-Engine上のミドルウェアやアプリケーションの開発が行なえるという。開発やデバッグを行なうための実行用ターゲットボードとして利用できるほか、組込み機器の制御用ソフトウェアを開発するための開発評価用ボードとして、あるいはキットのCPUボードを制御用のボードコンピューターとして最終製品に組み込んで使用することもできる。また、実験/教育用のボードコンピューターとしての利用も可能。

CPUボードには、SH7727(SH3-DSP/内部クロック96MHz)、8MBのフラッシュメモリーと32MBのSDRAMを搭載し、入出力インターフェースとして、USB(Host)、PCカード、シリアル、eTRONチップ(セキュリティーチップ)、赤外線リモコン、拡張バスなどを装備する。電源はACアダプターを利用する。CPUボードのサイズは幅120×奥行き75mm。LCDボードにはタッチパネル付きの240×320ドットカラーTFT液晶パネルを搭載する。サイズは120×75mm。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン