このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

SUPER GTに痛車が参戦! 初音ミクZ4密着レポート ― 第17回

痛車最速! 初音ミクZ4が2009年初走行!(動画あり)

2009年01月23日 22時31分更新

文● 末岡大祐/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

いよいよ2009シーズン始動!

 「初音ミクStudie GLAD BMWZ4」こと、初音ミクZ4。ASCII.jp読者はご存じだと思うが、SUPER GT 2008シーズンの話題をさらい、レースファン以外にも注目されることとなった痛レースカーである。シーズンオフ中はイベントへの出展が多かったが、24日に富士スピードウェイで開催される「HKS プレミアムデイ」でチューンドカーとバトルすることが決定し、その調整も兼ねた練習走行が22日に行なわれた。場所は「HKS プレミアムデイ」と同じく、富士スピードウェイだ。

 基本的に、マシン自体は去年からの変更点はない。ただし、体制に大きな変化があった。メンテナンスファクトリーがアサダレーシングから、とあるチューニングガレージになった。まだ名前が明かせないのが残念だが、後日改めて体制発表があるので、そちらをお楽しみに。

新たなメンテナンスファクトリーは、初音ミクZ4をどのように調律してくれるのだろうか? 実はレースファンならほぼ知ってるくらい有名なところだったり

 さて、初音ミクZ4の走り初めはというと、3回のスポーツ走行枠(約2時間程)で、合計15周をノントラブルで走りきった。路面がウェットコンディションだったのと、アタックをしていないので、正確なラップタイムはないが、現状ですでに「去年よりは速い」とだけお伝えしておこう。

 また、今回の練習走行でメインドライバーを務めた菊地選手によると、「マシンとしてはまだ何も変わってないけど、メンテナンスが変わったこともあり、今後どのようにマシンが調整されていくのかが楽しみ。とりあえず、今はひとつずつネガをつぶしていく段階です」とのこと。

 この練習走行で調整を受けたマシンが24日、HKSが誇る国産チューンドカーとどんなバトルを繰り広げるのか!? 2008シーズンのカラーリングもこの日が見納めなので、ぜひ「HKS プレミアムデイ」に足を運ぼう!

 では、次のページからは走行写真と動画を掲載していくぞ!

(次のページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社