このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

買う前に、読む! 新MacBook はじめてガイドブック ― 第5回

まずはインストールの諸注意から

「本気でお買い得」のMacBookでWindowsを使う(前編)

2008年11月18日 19時10分更新

文● 細谷滝音

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
MacBook
最上位モデルではバックライトキーボードまで搭載された「MacBook」。こ、これは欲しいぞ!

*上のイメージ画像を「Wallpaper.ascii.jp」にて配布中。Macの壁紙にご利用ください。

 アップルがMacにIntelプロセッサーを採用すると発表してから、早3年ほど。かつてあれほど言われていたスペックへの不安は完全に払拭され、Windowsユーザーから見ても魅力的なMacが次々に登場している。しかし実際に店頭で触ってみると、デザインなど質の高さは分かるが、どうしてもWindowsマシンに比べて割高に見えてしまうという人もいたはずだ。

 ところが、今度のMacBookはどうだろう。

 上位機種にあたるMacBook Proと仕様を比べると、その差が大きく縮まっている。大きな違いは、MacBookのほうがディスプレーが少し小さくて、CPUクロックが若干低め(とはいってもCore 2 Duo-2.0GHz以上だが)。あとはグラフィックチップ、FireWireやExpressカードスロットがないという点くらいだ。

 一方で、Macの大きな魅力であるデザインを見てみると、精密なアルミ削りだしのボディーはProそのもの。マルチタッチに対応したトラックパッドを採用し、使い勝手もほぼ一緒だ。それでいてお値段は、MacBookが14万8800円以上、Proが22万8800円以上と、8万円もMacBookが安い。今回のフルモデルチェンジで、MacBookはかなりお買い得な製品として生まれ変わったのだ。

アルミボディー トラックパッド
アルミボディーの上品な質感に加え、細部まで突き詰められたデザインが美しいトラックパッド表面はガラス製! 4本指でExposéなどを利用できる

 そんな逸品をWindowsユーザーだからといって放っておくのはもったいない! 今回はひとつ、MacBookで最高のWindowsマシンを構築してみようと意気込んで、Windowsのインストールから基本的な操作までを試してみた。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中