このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

平成20年度富士総合火力演習レポート(中編)

後段演習開始!全兵科協同の技を見よ!!

2008年09月09日 20時00分更新

文● 片田 本朔 / 写真と解説● 藤吉 隆雄・吉田/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 雨に祟られ続けた今回の総火演(の予行)。総火演の華、後段演習を前に晴男二名と雨男一名の綱引きはなんとか晴男側に軍配があがりつつあった!
ということで、「中編」として迫真の後段演習レポートをお送りする!

後段演習、ついに開始!

1125 東富士演習場 状況:曇り
 まさに総合火力演習の真骨頂が後段演習で我々の目前に展開される。
 敵部隊の進行を阻止し、反撃に転じるというシナリオ仕立てである。戦闘を再現するので前段よりもスピードがあり、目が離せない。

航空偵察デ「戦場」ノ状況ヲ把握セヨ!

 一番手として観測ヘリコプターOH-1が飛来した。会場侵入と同時に急上昇し、機動性の高さを見せつけた。各種センサーが満載されたハイテクヘリだが、外観の特徴は垂直尾翼に埋め込まれたテイルローター(ファンテールもしくはフェネストロン)。静音性にも優れる。

OH-1
会場脇の丘の向こう側から姿を現した観測ヘリコプターヘリOH-1。純国産のヘリコプターだ

ヘリボン行動デ「敵」配置ヲ把握セヨ!

 UH-1から偵察バイク2台が颯爽と現れる。

降下してくるUH-1 演習場に降下してくるUH-1。キャビンにはヘリの着陸後、即座に行動を起こせるように隊員がバイクを押さえて待機している
ヘリボン行動 UH-1から素早く降ろされていく偵察教導隊のバイク。地面がぬかるんでいるのに、何ごともなかったかのように手早く実施

 ここからの展開はとにかく速い。
偵察バイクが視界から消えないうちに
→AH-1Sが左から侵入、20㎜機関砲を発射
→背後から侵入したCH-47J、UH-60Jから隊員が展開、射撃を開始
→軽装機動車を吊り下げたCH-47Jが飛来と続く。

UH-60J 陸自だけではなく、海自、空自でも使っているUH-60Jだが、迷彩塗装だとそれぞれあたかも別の機種みたいに見えてしまう
CH-47J
素早くたくさんの隊員を降下させることができるファストロープ降下で、CH-47Jより隊員が続々降下。簡単そうに見えて隊員本人の筋力だけが頼り。素早く作戦に移る
CH-47チヌークが軽装甲機動車を空輸。第1ヘリコプター団は中央即応集団の隷下に入ってからは総火演に初参加となる。よく見ると両機ともに隊員が身をのりだして地形を確認しているのがわかる。

 ヘリボン行動の最後はCH-47Jからの高機動車発進が見られた。着陸しランプドアが開き、車体が外に出る。同時に後部シートの隊員6名が89式小銃を構え射撃体勢に入る。この間、わずか30秒ほど。あっという間の出来事だった。しかし、どういうわけか高機動車がカエルの口から出た「人生ゲーム」のコマに見える。私だけだろうか。

CH-47から降ろされる高機動車
高機動車の上の隊員はすぐに射撃姿勢を取っている

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ