このページの本文へ

J&W Technology「MINIX-780G-SP128MB」

「AMD 780G」初のMini-ITXマザーが明日から発売!

2008年07月24日 23時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 チップセットに「AMD 780G」を採用する製品としては、初のMini-ITXフォームファクタとなる「MINIX-780G-SP128MB」がJ&W Technologyから登場、明日25日から販売がスタートする。代理店はファスト。

「MINIX-780G-SP128MB」 基板
チップセットに「AMD 780G」を採用する製品としては、初のMini-ITXフォームファクタとなる「MINIX-780G-SP128MB」がJ&W Technologyから登場

 この製品は、内蔵VGA機能「ATI Radeon HD 3200」に定評のあるDirectX 10対応の統合グラフィックスコアを備えるチップセット「AMD 780G」を採用した初のMini-ITXマザーボード。ハイエンドな小型PCを組みたい人には、丁度よさそうな製品に仕上がっており、注目度も高そうだ。
 サイズもさることながら「AMD 780G」マザーとしての特徴も豊富に持ち合わせているのがポイントで、I/O部にはVGA出力のほかDVIとHDMIも搭載。DDR2 128M(SAMSUNG製)のLFBもオンボード装備している。

I/O部 DDR2 128M(SAMSUNG製)のLFB
「AMD 780G」マザーとしての特徴も豊富に持ち合わせているのがポイントで、I/O部にはVGA出力のほかDVIとHDMIも搭載。DDR2 128M(SAMSUNG製)のLFBもオンボード装備している
メモリスロット
メモリスロットはDDR2 SO-DIMM×2(DDR2-1066/800/667/533まで対応、最大4GBまで)。ファストによるとPatriot SO-DIMM DDR2 667/800で動作検証済みという

 主なスペックは、South bridgeが「SB700」で拡張スロットがPCI Express x4×1(x16形状)、メモリスロットはDDR2 SO-DIMM×2(DDR2-1066/800/667/533まで対応、最大4GBまで)。オンボードインターフェイスとしては、VGA機能やギガビットイーサネット(Marvell/88E8056)、8chサウンド(Realtek/ALC888)、Serial ATA II×4(RAID 0/1/0+1対応)、eSATA×1、IDE×1などを搭載する。
 対応CPUはTDP 95Wまでで125Wはサポート外。また、製品に同梱された用紙にも記載されているが、マザー裏面にもチップを搭載するため、ケースとの干渉/ショートを防ぐ絶縁シートが同梱されている。
 明日入荷次第販売を開始するというアークでは、価格が2万3500円。このほかツクモパソコン本店IIなどでも入荷を予定している。AtomやVIAなどとは一線を画したハイエンドなMini-ITXマザーボードということで、注目度は高い。ショップによって入荷数の差はあるが、早めの完売も予想される人気マザーとなる可能性も秘めている。

マザー裏面 絶縁シート
絶縁シート 製品に同梱された用紙にも記載されているが、マザー裏面にもチップを搭載するため、ケースとの干渉/ショートを防ぐ絶縁シートが同梱されている

【取材協力】

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社