このページの本文へ

MSI「DKA790GX Platinum」

AM2初の省電力機能を備えた「AMD 790GX」マザー!

2008年08月22日 22時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今週は「AMD 790GX」搭載のSocket AM2対応マザーボードの発売ラッシュ。今度はMSIから「DKA790GX Platinum」が発売となっている。

「DKA790GX Platinum」 基板
MSI製の「AMD 790GX」搭載Socket AM2対応マザーボード「DKA790GX Platinum」が本日デビュー
「DrMOS」 ISL6323
Socket AM2対応マザーボードとしては初の省電力機能「DrMOS」を搭載する「DKA790GX Platinum」。PWMコントローラとなるIntersil社製の「ISL6323」も確認できる
「DrMOS」
どれほどの効果を発揮してくれるかは未知数だが、低消費電力モデルを好むユーザーも多いAMD派にとっては気になる機能と言えそう

 同マザーボードの特徴はSocket AM2対応マザーボードとしては初の省電力機能を搭載するところ。MSIの省電力/高効率機能といえば「DrMOS」。メジャーメーカーの省電力機能といえばASUSTeKの「EPU」(Energy Processing Unit)や、Gigabyteの「Dynamic Energy Saver Advanced」などがあるが、「DrMOS」も含めいずれも搭載されているのはLGA 775プラットフォームの製品だった。Socket AM2環境でどれほどの効果を発揮してくれるかは未知数だが、低消費電力モデルを好むユーザーも多いAMD派にとっては気になる機能と言えそうだ。

LFB 図解
拡張スロットの構成はPCI Express(2.0)x16×2(x0+x16もしくはx8+x8)、PCI Express x1×2、PCI×2。内蔵VGA機能用にDDR3 128MBのLFBも搭載する

 主なスペックは、チップセット「AMD 790GX」+「SB750」に「Flat Circu-Pipe」と呼ぶヒートパイプ採用冷却機構を装備。拡張スロットの構成はPCI Express(2.0)x16×2(x0+x16もしくはx8+x8)、PCI Express x1×2、PCI×2、DDR2 DIMM×4(DDR2-667/800/1066、8GBまで)。
 オンボードインターフェイスにVGA機能(コアクロック700MHz/DirectX 10対応の「Radeon HD 3300」)やDDR3 128MBのLFB、8chサウンド(Realtek/ALC888)、ギガビットイーサネット(Realtek/8111C)、IEEE1394、Serial ATA II×5(RAID 0/1/5/10)、eSATA×1、IDE×1などを搭載。I/O部にはVGAとDVI、HDMI出力を備えている。価格はアークで2万2980円だ。

I/O部 ポップ
「AMD 790GX」では定番となったVGAとDVI、HDMI出力を備えているI/O部。その他の機能も豊富に用意されている

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中