このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

小さそうで、大きな手ぶれ補正の差──E-520

2008年05月29日 11時00分更新

文● 斉藤博貴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
E-520
E-520。軽量コンパクトなボディーが人気のE-420の一卵性双生機というほど、近いスペック

 軽量コンパクトなボディーと、凶悪なほどかわいいパンケーキレンズの組み合わせで話題を集めているオリンパスの「E-420」。それと同レベルの性能を持ち、さらにボディー内手ぶれ補正機能も装備した姉妹機が「E-520」だ(関連記事)。


パンケーキ
E-420の発売に合わせて市場投入されたパンケーキレンズ。E-520にももちろん装着可能だ

 オリンパスとしては、E-510、E-3に続く、3台目の手ぶれ補正内蔵機となる。ファームウェアのアップデート作業なしで、出荷時からOMレンズなどフォーサーズ規格外のレンズが利用できる初めてのモデルだ。

 画素数は、E-420と同じ有効1000万画素。手ぶれ補正関連の機能も改良しており、縦位置での流し撮り撮影にも対応した。



まずは外観をチェック、そしてニヤリと笑う


 編集から手渡されたE-520。最初に装着するレンズとして「ZUIKO DIGITAL ED70-300mm F4.0-5.6」を選んだ。

E-520+70-300mm
70-300mmを本体に装着したところ。レンズに負けていない本体の質感
E-520
ファームウェアのバージョン画面。Ver.1.0は製品版を意味する。外観的にはPIEの展示会で見たものとほぼ同等だが、これでようやく堂々と携帯することができる

 まずは膝の上に置く。次にテーブルに置いて1m離れて見る。最後に椅子の上から斜め上から眺めてみる。その上で、ゆっくりとファインダーをのぞいた。

 思わずニヤリ。ルックスもバランスも合格点だ。デザインはE-510と変わらないが、青くなった機能説明用のシルク印刷がフォーサーズのロゴと上手く調和する。ボディー左上の「IS」の金文字も心なしか存在感が増した印象だ。

E-520
ショルダーに光るISの金文字の存在感もなかなかのもの

 撮影モードダイヤルにローレットが刻まれている点はE-420と同じだが、見た目はE-520のほうがマッチする。レリーズケーブルの取り付け端子付近も、よく見るとE-420と同じ形状になっている。十字ボタンの光沢もいくぶん増したようだ。

E-520のローレット
E-420同様ダイヤルにはローレットが刻まれている

 E-420では撮影モードダイヤルが電源スイッチなどに接近し過ぎているため、誤操作を避けるために常にダイヤルを視認しながら回していた。しかし、E-520ならファインダーをのぞきながら触感だけで回せるので、スベリ止めの実用性をより感じられる

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART