このページの本文へ

新モデルと「真・三国無双5」の同時発売で、PS3は巻き返せるか?

2007年11月12日 22時30分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

初日の動きは上々

PS3 セラミックホワイト
PS3 クリアブラック
今回発売されたPS3の新モデルは、セラミックホワイトとクリアブラックの2色が用意されていた
同梱モデル
この日、同時発売の真・三国無双5とセットになったパックも用意され、こちらも売れ行きは好調で、17時の段階で残り数台といったショップも

 通常木曜日に発売されることの多い家庭用ゲーム機だが、プレイステーション3(以下:PS3)の新モデルとなる40GB版が、日曜日の11月11日に発売となった。今回、発売されたモデルはPS2互換機能が取り除かれているとはいえ、ブルーレイディスクの再生機能も搭載して4万円弱と、これまでのPS3に比べると格段に安いのが印象的となっていた。
 ショップの反応も上々で「ここ最近の動きがうそのような好調な売れ行き」とか「SCEはやばいかと思ったけど、なんとかなった」といったコメントを聞くことができた。とはいえ、この売れ行きが一時的なものではないかと考えるショップスタッフも少なくないようで、あるショップでは「初動は悪くなくて当然。PS3の初期モデル発売の時だって、売り切れていたじゃないですか」といった話も。
 発売されたPS3のスペックになるがHDDの容量が40Gと既存の20Gと60Gの間に当たるもので、PS2互換機能がないことを除けば、20Gのパワーアップモデルとなる。
 まだまだ、新タイトルが発売され続けているPS2への互換機能が除かれたことでSCEとしては、PS3体制に移行したいのではないかとも考えられるが、ユーザーがそれらの考えに賛同してついてこられるかが、今度の方向性を決めるだけにユーザー動向に注目していかなければならない。
 なお、この日、本体と同時に発売されたワイヤレスデュアルショックコントローラーがある。こちらのコントローラーも新型モデル同様、セラミックホワイトとクリアブラックの2色となっている。

デュアルショック3内蔵、ワイヤレスコントローラ 白 デュアルショック3内蔵、ワイヤレスコントローラ 黒
ファン待望のブルブル震えるデュアルショック3内蔵、ワイヤレスコントローラ

「真・三国無双5」も同時発売

 PS3の新モデルの発売に合わせる形で発売されたコーエーの人気アクションシリーズ最新作「真・三国無双5」。PS3と発売日をあわせたにもかかわらず、PS3の独占タイトルではなく、Xbox 360とのマルチプラットフォームタイトルとなっている模様。
 秋葉原での売れ行きを見る限り、どの店舗でもPS3版のほうが若干優勢となっているという。とはいえ、Xbox 360は先日発売となったAC6と同時に本体を購入しているユーザーがプレイ中ということもあり、明日以降に売れ行きが伸びていくと見ているショップが多いようだ。
 「真・三国無双5」の発売に合わせて、ソフマップアミューズメント館、アソビットゲームシティ、メッセサンオー本店、メディアランドの4店舗の店頭では、開店と同時に同タイトルの体験会が行われ、週末の秋葉原の賑わいの一翼を担っていたようだ。

真・三国無双5 真・三国無双5 真・三国無双5
設定資料やメタルプレートなどがセットになった、初回限定のTREASURE BOXもPS3、Xbox 360双方で発売されていた。Xbox 360用のTREASURE BOXのなかには売り切れている店舗もあったようだ
テレカ
秋葉原のショップでは、唯一だったと思われるメッセサンオーの店舗特典テレカ。PS3、Xbox 360共通の絵柄
ショップ店頭 ショップ店頭2
各ショップの前で行われていた体験会。同時刻の進行だったにもかかわらず、各店舗共に人垣ができていた。またソフマップアミューズメント館では、PS3、Xbox 360の2台体制で実施。アソビットゲームシティも店頭はPS3のみだったが、2階のXbox 360フロアに試遊台が設置されていた
クリアファイル アイマスVTR
体験会に参加すると、オリジナルのクリアファイルがもらえたようだ。絵柄は各店舗共通ソフマップアミューズメント館の体験会の横では、先日発表されたアイマスの限定版プロモVTRが放送され、こちらに立ち止まるAボーイの姿も見ることができた

カテゴリートップへ

注目ニュース

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社