このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

期待のアーケードゲーム「Fate/unlimited codes」と「ロード オブ ヴァーミリオン」のロケテスタート!!

2007年12月08日 17時30分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「Fate/Stay night」が格闘ゲーム「Fate/unlimited codes」として再召喚!

Hey秋葉原店
ロケテ会場となっているタイトーHey秋葉原店

 2004年にPCゲームとして発売され異例の大ヒット、2006年にテレビアニメ、今年の春にPS2用として発売された「Fate/Stay night」がアーケードゲーム「Fate/unlimited codes」として再召喚! 正式稼動は2008年を予定しているのだが、実際にプレイヤーにプレイをしてもらい意見を求めるロケーションテスト(以下ロケテ)が12月7日より、「秋葉原のHey秋葉原店」で行なわれている。
 「Fate/unlimited codes」は、TYPE-MOON監修のもと作成されたお馴染みのキャラが登場する3D対戦格闘ゲームで、キャラクタは3Dで描かれているのだが、ゲームの内容は多くのプレイヤーが慣れているであろう2D対戦格闘スタイルとなっている。
 実際にロケテの行なわれている「Hey秋葉原店」に足を運んでみたところ、プレイできる筐体は3台用意されていたのだが、プレイ待ちの列はフロアに収まりきらず、階段まで伸びていた。またプレイ待ちの列には並んでいないものの、プレイをしている人の画面を熱心に見ながら、メモを取っている人の姿もみられた。
 プレイを終えたプレイヤーは、感想や気になった点などをアンケートに記入していたのだが、アンケートを記入している人の多くが熱心に感想を書いていたようだ。気になるロケテ期間がだが、この日を含めて3日間のみ。9日は終了してしまうので、いち早く新しいFateワールドを体験したい人は、週末、秋葉原で過ごすのは確定だろう。

画面
ゲームの勝利には、宝具の使い方が大きく左右するそうだ。(C)TYPE-MOON 2004-2008 (C)EIGHTING 2008 (C)cavia 2008 (C)CAPCOM CO.,LTD.2008 ALL RIGHTS RESERVED.
様子1 様子2
対戦台には、20人前後が並んでおり、プレイが終わった後に再び並ぶ人の姿もあった
シングル台
こちらは対コンピューター戦専用のシングル台
待機する人 アンケート台
シングル台の待機列はフロア飛び出し、階段の中腹を越えていたユーザーの感想や要望がぎっしり詰ったアンケートBox。どのユーザーも時間をかけて、アンケートに答えていた

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社