このページの本文へ

インターリンク、Second Lifeでサービスを運営するインターンシップを実施

2007年06月15日 16時36分更新

文● 編集部 若林健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)インターリンクは15日、2007年度のインターンシップを7月28日~9月1日に実施すると発表した。同インターンシップでは、参加した学生が米リンデン・ラボ(Linden Lab)社の3D仮想世界体験サービス “Second Life” (セカンドライフ)において、Second Life内でのサービスを企画し、実際に運営を行なう

八国山アイランド八国山アイランドでのインターンシップ募集の様子

インターンシップのプログラムは、4回の“セミナー”と6回の“インターン”で構成されている。セミナーでは、同社社員による講義が行なわれ、Second Lifeの基礎知識やノウハウを教えるほか、グループワークで企画開発能力・論理的思考能力・チームワークを養う。インターンでは、Second Life内でのサービスを企画し、実際に運営を行なう。インターン期間終了後、最も多くの来訪者を集めた企画には“インター“ン”リンク大賞”、一番多くのリンデンドルを集めた企画には“リンデンドル富豪賞”、特に独創性が高かったと認められた企画には“横山社長賞”が授与されるという。

応募資格は、2007年6月現在、大学/大学院/短大/専門学校/高等専門学校に在学していることなど。応募受付は、同社ウェブサイトのインターンシップ専用ページ(下記関連サイト参照)および同社のSecond Life内の島(サーバー)“八国山アイランド”において、今月30日まで受け付けを行なう。応募者多数の場合は選考を実施し、7月7日までに合格者のみに通知する。プログラム、応募資格および応募方法の詳細は同社ウェブサイトを参照のこと。

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART