このページの本文へ

「ライブ配信メディア完全解剖 〜過去と今、そして未来へ〜」第41回

リニューアルで利便性を下げてしまったサイバーエージェント生放送アプリ「FRESH!」の実情

2017年05月18日 18時00分更新

文● ノダタケオ(Twitter:@noda

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サイバーエージェントが運営する「FRESH!」は、iOS/Androidのアプリを大幅にリニューアルしました。スマートフォンを「ヨコに持って視聴する」これまでのスタイルから「タテに持って視聴する」スタイルを基本としました。さらに「バックグラウンド再生」と「ユーザーネーム付きコメント投稿」の機能を追加しています。

 サービス開始からの仕様であった「ヨコ持ち視聴」スタイルから「タテ持ち視聴」スタイルへの変更、「バックグラウンド再生」は大いに歓迎するところ。スマホアプリで視聴をしたときの利便性が大きく向上したと感じています。しかし、今回のリニューアルで「ヨコ持ちにしたときの画面レイアウト」が変わってしまったこと、「ユーザーネーム付きコメント投稿」の機能については、逆に利便性を下げてしまったように感じています。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!