このページの本文へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」 第473回

幸楽苑でバレンタイン期間限定

衝撃の「チョコらーめん」がおいしいので二度仰天! 幸楽苑さんスゴイ

2019年02月05日 18時30分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ラーメンチェーン「幸楽苑」は「チョコレートらーめん」を2月1日から14日までの期間限定で発売中です。定番の醤油ラーメンをベースに、カカオオイルのコクを加えたとのこと。価格は561円。

2月14日まで限定発売。

 いやいやいや。ちょっと、チョコレートとラーメンって、バレンタインデーシーズンだからって無理やりな組み合わせでしょ。だってチョコですよ。甘いでしょ。ラーメンと合うわけが……。

 なんて、なかば怖いものみたさの気持ちで記者は「チョコレートらーめん」を食べたのですが、意外にも予想を超えたおいしさでびっくりしました!

幸楽苑のチョコレートラーメンは
想像以上に「ラーメン」でした

 こちらが「チョコレートらーめん」。

「チョコレートラーメン」
幸楽苑/561円/2月1日~14日
※一部店舗で販売していません

チロルチョコも添えてくれました。「食後にどうぞ」とのこと。

 メニューには特に書かれていなかったのですが、一緒にチロルチョコを「食後にどうぞ」と添えてくれました。デザート付きです。ありがたい。もしかたら、店舗ごとでチロルチョコが付くかは異なるかもしれません。

板チョコと、チャーシュー、なると、メンマ、刻みネギ、生姜がのっています。

 スープはチョコレート色。ミルクチョコの色味ですね。トッピングは、チャーシュー、なると、メンマ、刻みネギに生姜。それと、板チョコ。チョコ色のスープの上で、ラーメンならではの具材がのっているので不思議な感覚です。

ミルクチョコの色。
トッピングの板チョコは少しずつ溶けていきます。

 見た目こそ、これから食べる身としては衝撃でしたが、チョコレートの香りはそこまで強烈なわけではありません。テーブルに置かれてすぐに「うっ、チョコレート」とはなりませんでした。ひとまず、ホッと……。

 さて、いただきます!

 いざ食べようと顔を近づけると、カカオの華やかな香りがフッと入ってきて「あ、チョコ、チョコだ」となりました。ですが、食べ始めると意外にも……。

 あれ? ふつうの醤油ラーメン?

 だしの風味がきいたコクのあるスープ、麺はモチモチしていてしなやかな食感。醤油ラーメンとしてはやや濃いめですが、生姜のピリッとした風味がスープに馴染むことでバランスが取れています。

 なるほど、カカオオイルを加えたとのことですが、そこまでチョコの味は強くない。ラーメンのベーシックな味わいを損ねていません。

 香りに関しても、最初に食べた瞬間はカカオをしっかり感じましたが、食べ進めるうちに慣れてきて違和感がなくなってきました。

 ネギのシャキシャキした食感がアクセント。薄くスライスしたチャーシューもスープを絡めておいしくいただけましたよ。

 板チョコが溶けた部分を食べると、さすがに独特の甘さを感じましたが、それもけっこうアリでした。考えてみると、愛媛県松山では甘いラーメンが人気と聞きますし、甘いラーメンもなくはないかも。

食後感はさっぱり
半信半疑の方は幸楽苑へ!

後味はくどくなく、もたれる感じもありません。

 食後感はさっぱり。後味がくどく残ったわでもなく、もたれるような感じもありませんでした。生姜の効果からカラダが温かくなり、この季節にぴったり!

 いやー。見た目こそびっくりしましたが、本当においしかったです。

 これを読んで、「え? 嘘? おいしいの?」と、まだ半信半疑なあなた。百聞は一食にしかずですよ。14日までの期間中に幸楽苑さんでぜひ味わってみてください。

 ただし、スープの飛び跳ねには注意。白い服は控えたほうがいいかもです。

■関連サイト



■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

書いた人:記者ナベコ

デジタル媒体アスキーでなぜか食べ物の記事ばっかり手掛けている人。3度の飯を食らいつつ酒をがんがん飲んでいる。好きなジャンルはビール、ウイスキー、焼酎、日本酒、ワインなど高アルコール全般。苦手なお酒は甘いカクテル全般とスピリタス。酒豪ではなきにつき鯨飲した翌日はSNSからも消える。Facebookやっています。

カテゴリートップへ

この特集の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧