このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第78回

Azure Portalの新しいトップページが利用可能に

Azure DevOpsが「GitHub Enterprise」や「ServiceNow」をサポート

2019年02月01日 13時00分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。「週刊アジュール」では、2019年1月13日~19日の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

Azure Storage:日本リージョンでのAzure Data Box/Azure File Sync

 ストレージサービス「Azure Storage」の一機能「Azure Data Boxファミリ」は、大量のデータをAzureに移動するためのアプライアンスです。

 2019年の第1四半期(1月から3月)に日本リージョンでAzure Data Boxが利用可能になる予定であることが、発表されました。

 ストレージサービス「Azure Storage」の一機能「Azure Files」は、SMBプロトコルベースのファイル共有サービスを提供します。

 Azure File Syncは、Azure Filesのファイル共有と、オンプレミスのWindows Serverで動作するファイルサーバーとの間で同期を行います。

 2019年の第1四半期(1月から3月)に日本リージョンでAzure File Syncが利用可能になる予定であることが、発表されました。

Azure Availability Zones:米国東部2リージョン

 Azure Availability Zonesは、Azureリージョン内で複数の可用性ゾーン(アベイラビリティゾーン、AZ)を提供します。

 米国東部2リージョンで、Azure Availability ZonesがGA(一般提供)になりました。現在、米国中部、米国東部2、米国西部2、北ヨーロッパ、西ヨーロッパ、東南アジア、フランス中部の7リージョンで、GAになっています。

Azure Portal:1月のアップデート

 Azure Portalは、WebベースのAzureの管理コンソールです。

 2018年12月のアップデートに続いて、Azure Portalの1月のアップデートがまとめられています。今回のアップデートでは、Azure Portalの新しいトップページが利用可能になりました。

Azure Portalの新しいトップページ

Azure Monitor:Grafana

 Azure Monitorは、Azureにおけるフルスタックの監視サービスです。

 2017年11月に、GrafanaのAzure Monitorプラグインのプレビューがリリースされていました。この時点では、このプラグインは、Azure Monitorのメトリックのみをサポートしていました。

 今回、GrafanaのAzure Monitorプラグインがアップデートされ、Azure Monitor(Azure Log Analytics)のログのサポートがパブリックプレビューになりました。

GrafanaのAzure Monitorプラグインでの、ログのサポート

Azure App Service:.NET Core 2.2、App Service EnvironmentのAZサポート

 Azure App Serviceは、Webアプリ、Web API、モバイルバックエンドをホストするためサービスです。

 WindowsベースのAzure App Serviceで、.NET Core 2.2がサポートされました。

 また、App Service Environment(ASE)のAzure Availability Zonesサポートが、プレビューになりました。

Azure Container Instances:Azure Portalでの停止済みのコンテナーの開始

 Azure Container Instancesは、クラスターの管理なしにコンテナーを実行できるサービスです。

 Azure Portalで、Azure Container Instancesの停止済みのコンテナーを開始できるようになりました。

Azure Portalでの、Azure Container Instancesの停止済みのコンテナーの開始

Azure DevOps:スプリント146、ServiceNow

 Azure DevOpsは、Azure Pipelines(CI/CDパイプライン)、Azure Boards(作業追跡ツール)、Azure Artifacts(パッケージ生成/共有)、Azure Repos(プライベートGitリポジトリ)、Azure Test Plans(テストソリューション)で構成される、開発チーム向けのサービスです。

 2018年12月のスプリント144に続いて、Azure DevOpsのスプリント146のアップデートがリリースされました。

 スプリント146では、Azure PipelinesのパイプラインウィザードでのGitHub Enterpriseリポジトリのサポートなどの新機能があります。

Azure Pipelinesのパイプラインウィザードでの、GitHub Enterpriseリポジトリのサポート

 ITサービスマネジメント(ITSM)サービスを提供するServiceNowとAzure Pipelinesを統合する拡張機能がリリースされました。これによって、ServiceNowをリリースゲートとして追加できるようになります。

Azure PipelinesでのServiceNowの追加

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
FIXER Tech Academy