このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第8回

「Azure ExpressRoute」にNWパフォーマンス監視機能が登場

Azure基盤で「Project Olympus」仕様のハードウェアを大規模採用

2017年11月16日 12時00分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。「週刊アジュール」では、先週の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

Microsoft Tech Summit 2017開催

 11月8日、9日の2日間、インフラエンジニア、アーキテクト向けのカンファレンス「Microsoft Tech Summit 2017」が開催されました。

 基調講演については、記事「MSの最新テクノロジー全部乗せ、満腹の『Tech Summit 2017』基調講演」動画でチェックしてみてください。

私は、Azure Service Fabricのセッションを担当しました。スライド、動画などは、私のブログポストに掲載しています。

 基調講演以外のセッションについては、近日中にオンラインで公開される予定です。後日、Microsoft Tech Summit 2017のWebサイトでご確認ください。

Microsoft Tech Summit 2017の基調講演

Project Olympus:Fsv2シリーズでの採用

 Project Olympusは、Open Compute Project(OCP)で公開しているオープンソースのクラウドデータセンター向けサーバー仕様です。2016年10月に発表され、その後も、今年3月の発表今年7月の発表を含め、継続的にアップデートされています。

 今回、今年10月にGA(一般提供)になっていたAzure Virtual MachinesのFsv2(Fv2)シリーズで、Project Olympusのハードウェアが初めて本番環境で大規模にデプロイされたことが発表されました。

 また、いくつかのハードウェアベンダーから、Project Olympus仕様のハードウェアを購入可能になったことが発表されました。サーバーハードウェアのセキュリティを強化する「Project Cerberus」も新たに発表されました。

 詳細は、ブログポスト「Microsoft’s Project Olympus delivers cloud hardware innovation at scale」GitHubリポジトリをご覧ください。

Project Olympusのハードウェア

Azure Stack上でAzure App ServiceとAzure FunctionsがGA

 Azure Stackは、オンプレミスにAzure互換の環境を持つことのできるハイブリッドクラウドプラットフォームです。Azure Stackは、今年9月に出荷開始になっていました

 今回、Azure Stack上で、PaaSサービスのAzure App ServiceAzure FunctionsがGAとなりました。これによって、パブリッククラウドのAzure上のAzure App Service、Azure Functions向けに書かれたアプリケーションを、Azure Stack上にもそのままデプロイできるようになります。

 詳細は、ブログポスト「General availability of App Service and Functions on Azure Stack」ドキュメントをご覧ください。

Azure Stackポータル上のAzure App Service

Azure Monitor/Azure Application Insights向けGrafanaプラグインがリリース

 Azure Monitorは、様々なAzureサービスの監視データを集約するサービスです。Azure Application Insightsは、APM(アプリケーションパフォーマンス監視)ツールです。Grafanaは、時系列メトリックのダッシュボードを作成できる、オープンソースの分析、監視プラットフォームです。

 今回、Azure Monitor/Azure Application Insights向けのGrafanaプラグインのプレビューがリリースされました。これによって、Azure Monitorで収集されたAzureリソースのメトリック、Azure Application Insightsで収集されたアプリケーションのメトリックを、Collectd、Telegraf、Prometheusなどのエージェントで収集したメトリックとともに、Grafanaダッシュボードで可視化することができます。

 また、Azure MarketplaceでGrafanaサーバーやプラグインがインストール済みのVMイメージがリリースされているので、簡単にGrafanaの環境を構築することができます。

 詳細は、ブログポスト「Monitor Azure services and applications using Grafana」プラグインのページドキュメントをご覧ください。

Azure Monitor/Azure Application Insightsのメトリックを表示するGrafanaダッシュボード

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ