このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣がAdobe Acrobat DCを使い倒してみた第82回

PDF資料のコピーを防ぐ、アクセス権設定・透かしの方法

2018年11月29日 16時30分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本連載は、Adobe Acrobat DCを使いこなすための使い方やTIPSを紹介する。第82回は、アクセス権や透かしを設定してPDFの内容をコピーされないようにしてみる。

許可する操作を指定できる「アクセス権」の設定方法

 営業資料や見積もり、社内文書など、外部に漏洩してほしくない重要資料は無制限にコピーされたくないもの。そんな時、Acrobat DCなら、PDFにアクセス権を設定し、許可する操作を指定できるのだ。とはいえ、表示している画面全体のキャプチャーを撮れば、画像としてコピーすることは可能。その場合は、透かしを設定して流用されないようにしておくといい。

 まずは、アクセス権を設定しよう。ファイルのプロパティから「セキュリティ」タブを開き、「セキュリティ方法」のプルダウンメニューから「パスワードによるセキュリティ」を選択する。ダイアログが開くので、「文書の印刷および編集を制限。これらの権限設定を変更するにはパスワードが必要」にチェックする。印刷や変更、テキストや画像のコピーといった操作を禁止し、パスワードを設定しよう。後は、「OK」をクリックし、ファイルを保存する。

 これで、PDFを編集しようとするとパスワードを求められるようになる。PDFの送付先にパスワードを教えなければ、相手は編集できなくなるというわけだ。ちなみに、「文書を開くときにパスワードが必要」にチェックし、文書を開くパスワードを設定しておくと、閲覧時にもパスワードを求められるようになり、さらにセキュリティが向上する。

PDFを開き、「ファイル」メニューから「プロパティ」をクリックする
「セキュリティ」タブを開き、「セキュリティ方法」のプルダウンメニューから「パスワードによるセキュリティ」を選択
「文書の印刷および編集を制限。これらの権限設定を変更するにはパスワードが必要」にチェック
閲覧と編集のパスワードは異なる文字列にする必要がある
設定したら「OK」をクリックしてファイルを保存する。くれぐれもパスワードを忘れないように
画像を抽出しようとするとエラーになる

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事