このページの本文へ

Thermaltake「LEVEL 20 XT」

E-ATXマザーが搭載できる巨大なキューブ型PCケース

2018年10月16日 23時42分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Thermaltakeの20周年を記念した「Level 20」シリーズから、E-ATXフォームファクターに対応したキューブ型PCケース「LEVEL 20 XT」(型番:CA-1L1-00F1WN-00)が販売中だ。

Thermaltakeの20周年を記念したキューブ型PCケース「LEVEL 20 XT」

 フロント、トップ、両サイドの4面に4mm厚の強化ガラスパネルを採用するE-ATXフォームファクターに対応したキューブ型PCケース。本体サイズは394(W)×623(D)×515(H)mmで、陳列されている様子はまるで大型のクーラーボックスのような大きさだ。

かなり巨大な「LEVEL 20 XT」。搭載パーツはサイズを気にすることなく選べそうだ

 そのサイズゆえに内部は広い。マザーボード搭載部と電源の搭載部を分割したチャンバー構造を採用。E-ATXサイズのマザーボードまで対応するほか、最大400mmの拡張カードや最大480mmサイズの水冷ラジエーター、最大20基のケースファンが搭載可能。なお、ドライブベイはケージタイプが3.5/2.5インチ×6。さらに、マザーボードトレイに3.5/2.5インチを1基搭載できる。

リアに140mmファン×1(1000rpm/16dBA)標準搭載。最大20基のケースファンが搭載できる

 そのほか、I/OポートはUSB 3.0 Type-C×1、USB 3.0 Type-A×2、USB 2.0×2、マイク×1、ヘッドホン×1。重量は20.4kg。

 価格は2万2980円(税抜)。ツクモパソコン本店やTSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中