このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第574回

子猫が里親に引き取られていく季節なので子猫写真特集

2018年08月25日 10時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
我が家へやってきたばかりの「かふか」。先住猫(大五郎)と慣れるまではケージに入れましょうってことでケージ内に。まだ緊張してる……けど、その日の夜にはケージを出て遊び回っておりました(2008年8月 ニコン D40X)
我が家へやってきたばかりの「かふか」。先住猫(大五郎)と慣れるまではケージに入れましょうってことでケージ内に。まだ緊張してる……けど、その日の夜にはケージを出て遊び回っておりました(2008年8月 ニコン D40X)

 2008年8月16日は「かふか」が我が家へ引き取られてきた日であった。

 ちょうど10年前。「借りてきた猫」のようであったのは初日の数時間だけだったが、そのときの写真。

 猫の繁殖期はだいたい決まっていて、春先が発情期なので生まれるのは5~6月あたりが多くなる。

 生まれた子が歩けるようになると、ときどき人目につくところに顔を出すわけで、それが6~7月あたり。

 そこで誰かに捕獲され、里親が見つかって引き取られていくとしたら、7~9月くらいになるか。

 だから、かふかがうちにやってきたのが8月だったのである。

 6月に本連載でとりあげたコマちゃんは、まだ生まれて間もないうちに引き取られたのでもっと小さい。

6月に友人宅で撮影したコマちゃん。引き取ったときはもっと小さくて必死に育てたそうな。指を差し出したら爪を立てて捕まえにきたのでその瞬間を。子猫はヤバい(2018年6月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II)
6月に友人宅で撮影したコマちゃん。引き取ったときはもっと小さくて必死に育てたそうな。指を差し出したら爪を立てて捕まえにきたのでその瞬間を。子猫はヤバい(2018年6月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II)

 よって、外で子猫を見かけるのも夏が多いわけだ。

 こちらは4年前に愛知県のとあるお寺にいた猫。このお寺、2年前に火災にあったようだが、猫たちは無事だったろうか。

ひょこひょこと歩いてきたハチワレの子猫。8月なので生後数ヵ月というところか。このときは一眼レフでファインダーを覗いて撮ったので文字通り這いつくばってます(2014年8月 ニコン D600)
ひょこひょこと歩いてきたハチワレの子猫。8月なので生後数ヵ月というところか。このときは一眼レフでファインダーを覗いて撮ったので文字通り這いつくばってます(2014年8月 ニコン D600)

 とはいえ、ここ数年、外で子猫に出会うことがすごく減った。

 地域にもよるんだろうけど、地域猫が認知されて街で出会うネコも去勢されていることが多くなったり、子猫が生まれてもはやいうちに保護される(うちのかふかがそうだった)ケースが増えたからだろう。

 去勢されている猫は耳がカットされているのですぐわかる。

 都会の住宅街で見かける猫はたいていそう……なのだが、たまにちゃんと去勢されてない猫も生き延びてるのである。

 そういう猫は春になると子供を産む。

 最初に気づいたのは6月。そのときはiPhoneしか持ってなかったので、3xのコンバージョンレンズを使って撮ったもの。親猫の後ろからちょろっと顔を出してるサビネコがそうだ。

 このあたり、猫とたまに出会う場所なので自転車で通るときはついきょろきょろしちゃうのだが、あ、猫がいたと思ったら子猫が一緒だったのである。親猫も耳をカットされてない。

親猫の背中に隠れてひょこっと顔を出しているサビネコ(2018年6月 アップル iPhone X)
親猫の背中に隠れてひょこっと顔を出しているサビネコ(2018年6月 アップル iPhone X)

 別の日に確認すると、子猫は全部で3匹いた。

この日はちゃんとミラーレス一眼を持っていたのである。親猫にじゃれつく子猫の手前にもう1匹いる(2018年6月 富士フイルム X-T2)
この日はちゃんとミラーレス一眼を持っていたのである。親猫にじゃれつく子猫の手前にもう1匹いる(2018年6月 富士フイルム X-T2)
さらにすぐ横にチャシロの子猫が。まだ目がしょぼしょぼしてる(2018年6月 富士フイルム X-T2)
さらにすぐ横にチャシロの子猫が。まだ目がしょぼしょぼしてる(2018年6月 富士フイルム X-T2)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン