このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第566回

久しぶりに猫宅訪問 友人宅の元気な子猫を撮る

2018年06月30日 10時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
飼い主のに抱っこされてるコマちゃん。メス猫。運良く病気はなかったそうで、寄生虫もいなかったそうで、めちゃ健康的(2018年6月 富士フイルム X-T2)
飼い主のに抱っこされてるコマちゃん。メス猫。運良く病気はなかったそうで、寄生虫もいなかったそうで、めちゃ健康的(2018年6月 富士フイルム X-T2)

 いやあ、子猫の季節ですな。街角でもちょくちょく子猫の姿を見ることがあり、地域猫としてちゃんと去勢されて世話されていれば子猫なんてそう見かけるものではないのだけど、去勢されてない外猫もまだいるわけで、ちゃんと世話されていればいいのだけれども、よくわからないので悩ましい。

ぶらぶら歩いてたら偶然見つけたアパート階段下の子猫4匹。どんな事情かわからないけれども、無事生き延びられるのか誰かに引き取られるのかちょっと気になる光景です(2018年6月 ソニー Cyber-shot DSC-RX100M6)
ぶらぶら歩いてたら偶然見つけたアパート階段下の子猫4匹。どんな事情かわからないけれども、無事生き延びられるのか誰かに引き取られるのかちょっと気になる光景です(2018年6月 ソニー Cyber-shot DSC-RX100M6)

 そんな季節、とある人の庭に生まれたての子猫が鳴いてたそうで、その人は撮った子猫動画を見せながら猫を家で飼う気はないので引き取り手がいなかったら保健所に連絡しようかしらと言ったそうで、それなら私が引き取ります、と手を上げた人がいた。

 シンガーソングライター(今は猫育て休業中らしい。なんなんだそれ)の橘ネロリ嬢である。

橘ネロリ嬢と子猫のコマちゃん。ペット可の物件ではないが、大家さんには事情を話してあるそう(2018年6月 富士フイルム X-T2)
橘ネロリ嬢と子猫のコマちゃん。ペット可の物件ではないが、大家さんには事情を話してあるそう(2018年6月 富士フイルム X-T2)

 彼女は私の猫友達のひとりで、1ヵ月ほど前、彼女がSNSに子猫を引き取ったと書いてたのを見て、今回撮影させてもらったのである。

 最初は生まれて数週間で目もちゃんと開いておらず、近所の獣医さんであれこれ看てもらったところ、特に病気も持っておらず、今はもうめちゃ元気。

 そのコマちゃん。飼い主以外の人と会うのは今日がはじめて。

 目を合わせると警戒心と好奇心の狭間でにゃあと鳴く。子猫はもう子猫というだけでズルいですな。

 いきなり近づいて怖がらせてはよくないな、とちょっと離れたところでカメラを構えてると……。

見知らぬ人をじっと見つめる子猫のコマちゃん。小さくて軽くてふわふわなのがもうズルい。耳が大きいのは子猫だからですな(2018年6月 富士フイルム X-T2)
見知らぬ人をじっと見つめる子猫のコマちゃん。小さくて軽くてふわふわなのがもうズルい。耳が大きいのは子猫だからですな(2018年6月 富士フイルム X-T2)

 カメラを気にしてじーっとこっちをガン見。好奇心に負けたようで、ちょっとずつそーっと近づいてくるのである。

 その様子を連続写真でどうぞ。

きれいなシンメトリ顔のコマ。扇風機の足に隠れながらそーっと近づいてくるの図。AF-Cモードで連写して、忍び足っぽい足運びの写真をセレクト(2018年6月 富士フイルム X-T2)
きれいなシンメトリ顔のコマ。扇風機の足に隠れながらそーっと近づいてくるの図。AF-Cモードで連写して、忍び足っぽい足運びの写真をセレクト(2018年6月 富士フイルム X-T2)
さらに近寄ってきた。これぞ「つぶらな瞳」(2018年6月 富士フイルム X-T2)
さらに近寄ってきた。これぞ「つぶらな瞳」(2018年6月 富士フイルム X-T2)
あと一歩だ、って感じで右前足をひょいと持ち上げた瞬間の図。残念ながらこのレンズではこれが撮影距離の限界なのであった(2018年6月 富士フイルム X-T2)
あと一歩だ、って感じで右前足をひょいと持ち上げた瞬間の図。残念ながらこのレンズではこれが撮影距離の限界なのであった(2018年6月 富士フイルム X-T2)

 見知らぬ巨大な生物にそーっと近づいていく子猫の緊張感を感じ取ってやってください。

 そして不用意に近づいた子猫は片手で遊ばれるのであった。

弄んでいるのか弄ばれているのか。片手で捕まえられる子猫時代ならではの遊び。まだ爪も歯も痛くないしね(2018年6月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II)
弄んでいるのか弄ばれているのか。片手で捕まえられる子猫時代ならではの遊び。まだ爪も歯も痛くないしね(2018年6月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II)

 もうたまらんですな。子猫。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン