このページの本文へ

ここでしか読めないネタの「連載」「特集」が満載!ASCII倶楽部情報局第622回

窓の円盤を何万枚も売った女が語る 『そんなの業界じゃあたりまえっちゃ!』 第93回

「パソコンのOSを売る」という意味がMedia Center Editionでわかった

2018年08月15日 18時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。

 本日は、ASCII倶楽部で2018年8月8日に公開した「『OSを売る』という意味がMedia Center Editionでわかった」を紹介します。


 それは今から13年ほど前。ヤマダが「窓の円盤を売ること」になったときのお話です。

 当時、I社のCPUを売っていたヤマダですが、いろいろな流れがあって窓の円盤、つまりDSP版のWindowsをお客様に売ることになりました。当時はまだ「OEM版」って言っていましたかね。箱じゃなくて、平べったい板として売られていたOS。

 ヤマダはこう思っていました。

 「OSか。全国の自作PC愛好家や、PCを作って販売している業者さんに供給すればいいんだよな……」

 いや、まったくもってそのとおりなんですけど! ほかになにかあるとは思ってなかったんですよ!

 だって「OS」だもの!!!!!!!!!!!! 基本パソコン使うにはいるもの必ず!!!!!!!!

 だけど、メーカーさんから言われたのが、

 「『OS』を売るって意味わかる?」

 ほかのOSからシェアをって、独走状態じゃないんですか……!!!! ちょっとまって全然意味わからない!!!!!!!!!!!!!!!!

 そんなペーペーのヤマダが、「OSを売る」第一歩のお話です。これまで繰り広げたイベントやキャンペーンに繋がる「OS自体」を売るということ。その答えはというと……。

 あなたが初めて買った「単体のOS」は何ですか? ヤマダ? Windows Meです(爆死)。

せれろんやまだ

 大手PC関連デバイス販売代理店で敏腕を誇った“姐御”。現在子育てに悪戦苦闘中。IT業界の“あるある”から“困った”をブッタ切っていくぞ!


 続きは「『OSを売る』という意味がMedia Center Editionでわかった」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定です。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が毎日更新されております! さらに、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explorer 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

この連載の記事

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1208(2018年12月11日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1207(2018年12月4日発行)

  • 週刊アスキー特別編集『2019 冬の超お買物特大号』好評発売中!

  • 週刊アスキーNo.1206(2018年11月27日発行)

  • 週刊アスキーNo.1205(2018年11月20日発行)

  • 週刊アスキーNo.1204(2018年11月13日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事