このページの本文へ

北海道を最先端Techで開拓する「No Maps 2018」レポート第5回

コンペティション対象作品が上映されるナショナルプログラムの一部作品を紹介

「カメラを止めるな!」の監督作品も上映「第13回 札幌国際短編映画祭」の国内作品発表

2018年08月15日 15時30分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 No Maps実行委員会は、「No Maps 2018」にて実施する「第13回 札幌国際短編映画祭」の国内作品46作品を発表した。

 今回、世界各国から3604もの応募作品から選りすぐりの最新短編映画が集まったという。開催日は10月11日から10月14日で、10月19日から21日は特別/アワード上映会として、受賞作品を上映予定。

 以下、オフィシャルセレクションのコンペティション対象作品が上映される、ナショナルプログラム(N-A、N-B、N-C)の一部作品を紹介する。

 N-Aプログラム

『正装戦士スーツレンジャー』:長編映画「カメラを止めるな!」でブレイク、注目のエンタメ監督・上田慎一郎監督作品。スーツを着たヒーローたちの痛快コメディ・ショートフィルム。

『予定は未定』:ジョン・ウー監督「マンハント」にも抜擢されたアクション女優・屋敷紘子が出演。監督は大阪を中心に活躍する新鋭・磯部鉄平氏。独身アラフォー女性に贈る、大人のコメディ・ショートフィルム。

 N-Bプログラム

『パカリアン』:斎藤工が主演声優として宇宙から来たアルパカに扮する、独特なトーンのアニメーション。監督は新進気鋭のアニメーション作家・秦俊子氏。

『選ばれた男』:ボトルの中に入っていた手紙をきっかけに、ある男性がやってくる。ガレッジセール・ゴリ監督作品で、オール石垣島ロケのハートウォーミング・コメディ。第9回沖縄国際映画祭では部門最高賞を受賞。

 N-Cプログラム

『Tokyo 2001/10/21 22:32~22:41』:主演・大竹しのぶ、撮影はすべて「写ルンです」で出来た切り絵のアニメーション。是枝裕和監督、岩井俊二監督が注目の若手監督・奥山大史(おくやまひろし)監督作品。

『DONNY THE DRONE』:主人公はドローンで、「アイアンマン3」「エイリアン: コヴェナント」のガイ・ピアースが主演声優を務める。カンヌ・ヤングディレクターアワード受賞、東京を拠点に活躍するマッケンジー・シェパード監督のSFショートフィルム。

 コンペティションプログラムでは、そのほか21作品を上映。オフィシャルセレクションのくわしいリストは「映画祭アップデート情報」ページを参照してほしい。

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ