このページの本文へ

柳谷智宣がAdobe Acrobat DCを使い倒してみた第66回

逆に余白を加えたり、トンボも追加可能

PDFファイルの余白をトリミングする方法

2018年08月06日 11時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本連載は、Adobe Acrobat DCを使いこなすための使い方やTIPSを紹介する。第66回は、PDFファイルの余白を削除したり追加してみる。

見せたくない部分を隠したりサイズを軽くするのに便利なトリミング機能

 紙資料をスキャンしたり、人からもらったPDFファイルに、余白やトンボなどの不要な領域がある場合、トリミングして削除できる。見せたくない部分を隠したり、ファイルサイズを抑えたりすることも可能だ。

 PDFファイルを開いたら、「ツール」メニューから「PDFを編集」を開き、「ページをトリミング」をクリックする。続けて、残したい領域をドラッグして選択し、その選択範囲のどこかをダブルクリックして「ページボックスを設定」画面を開く。プレビュー画面で切り取る部分にラインが引かれているので、問題ないか確認。「OK」をクリックすれば、トリミング完了だ。

 複数ページの資料すべてを同じサイズにトリミングするなら、「ページボックスを設定」画面で「ページ範囲」の「すべて」にチェックを入れておけばいい。

ツールから「PDFを編集」を開き、「ページをトリミング」をクリックする
トリミングしたい範囲をドラッグして選択する
選択した範囲をダブルクリックする
「OK」をクリックする
選択した範囲にトリミングできた

余白部分を追加するには

 逆に、余白を追加する場合は、「ツール」メニューから「印刷工程」を開き、右ペインから「ページボックスを設定」をクリックする。「ページボックスを設定」画面が開くので、まずはプレビューの下にある「トリミング後のページサイズ」を確認。ここが現在のサイズとなる。

 「ページサイズを変更」の「カスタム」にチェックして、「幅」と「高さ」に余白を追加したサイズを入力する。「トリミング後のページサイズ」を参考にミリ単位で入力すればいい。こちらも任意のページに反映でき、もちろん全ページに一括して余白を追加することも可能だ。

「ツール」をクリックする
「印刷工程」をクリックする
「ページボックスを設定」をクリックする
「ページサイズを変更」の「カスタム」にチェックしてサイズを入力する
指定した余白が追加された

トンボを追加するのも同じツールで

 PDFにトンボを追加するのも同じツールから行える。「印刷工程」の「トンボを追加」をクリックし、トンボの種類を選ぶか、「すべてのマーク」にチェックするだけ。「OK」をクリックすればトンボが追加される。

 「スタイル」メニューでは線幅を変更したり、Acrobatの初期設定スタイルのほかにInDesignやIllustrator、QuarkXpressなども選べる。この操作は取り消せないので、上書き保存する際は注意すること。もし、「トンボ類がアートワークに重なっている可能性があります~」と表示されたら、余白が足りないということ。前述の方法で余白を追加してから、再操作しよう。

「印刷工程」の「トンボを追加」をクリック
追加するトンボにチェックして「OK」をクリックする
この操作は取り消せないので要注意
トンボが追加された

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事