このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第43回

Blob Storageのライフサイクル管理機能が利用可能に

マネージドKubernetesサービス「AKS」がGA

2018年06月26日 09時00分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。今回の「週刊アジュール」では、2018年6月10日~16日の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

Azure Kubernetes Service(AKS)がGA

 Azure Kubernetes Service(AKS)は、マネージドKubernetesサービスです。

 5月に開催されたBuild 2018カンファレンスで、旧称の「Azure Container Service(AKS)」から「Azure Kubernetes Service(AKS)」に改名されていました

 今回、Azure Kubernetes Service(AKS)がGA(一般提供)になりました。

 Azure Kubernetes Service(AKS)がサポートされるAzureリージョンも拡張され、現時点では10リージョンで利用可能です。東日本/西日本リージョンは現時点ではサポートされていませんが、数カ月以内にさらに10リージョンがサポートされる予定です。

 Azure Kubernetes Service(AKS)によるクラスター管理は、無料です。Azure Kubernetes Service(AKS)クラスターによって作成されたノードに対しては、VMの料金が発生し、VMのSLAが保証されます

 Azure Kubernetes Service(AKS)で、Azure Active Directory(Azure AD)統合とRBAC(ロールベースのアクセス制御)のサポートがプレビューになりました。

 Azure Kubernetes Service(AKS)クラスターの既存の仮想ネットワークへのデプロイがサポートされました。

 詳細は、ブログポスト「Azure Kubernetes Service (AKS) の一般提供 – 提供範囲と機能を追加して生産性を向上」をご覧ください。

Azure PortalでのAzure Kubernetes Service(AKS)クラスターの作成

Azure Container Instances:YAMLでのコンテナーグループのデプロイ

 Azure Container Instancesは、クラスターの管理なしにコンテナーを実行できるサービスです。

 5月に、Azure Container InstancesはGAになっていました

 今回、Azure Container Instancesの6月のアップデートがリリースされました。

 Azure Container Instancesのコンテナーグループは、複数のコンテナーを同じホスト上に配置するために、複数のコンテナーをグループ化します。サイドカーパターンを使いたい時に、コンテナーグループを活用できます。

 これまで、Azure Resource Manager(ARM)テンプレートを使って、コンテナーグループをデプロイできました。今回、単純なYAMLファイルを使って、コンテナーグループをデプロイできるようになりました

Azure Container Instancesのコンテナーグループ

 他に、次の新機能もあります。

 詳細は、更新情報「Azure Container Instances: June updates」をご覧ください。

Azure Portalでの、Azure Container Instancesのコンテナーログのクエリ

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ