このページの本文へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー第104回

Xperia XZ2レビュー後編

よりお手軽になってスーパースロー撮影も楽しいXperia XZ2のカメラ

2018年06月21日 12時00分更新

文● 林 佑樹 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前回はXperia XZ2本体や機能を中心にチェックしたので、レビュー後編の今回はカメラを重点的に見ていこう。

ソニーモバイル「Xperia XZ2」

 おさらいとして、Xperia XZ2はXperiaシリーズのスタンダードモデル的な立ち位置だが、SoCにSnapdragon 845を搭載、メモリー4GB、内蔵ストレージ64GBなどスペックは文句ナシで、ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアから発売中。

 上位モデルにダブルレンズのXperia XZ2 Premium、小型モデルとしてXperia XZ2 Compactがある。Xperia XZ2 Compactとはカメラ性能が同じなので、購入を考えている人は今回のレビューが参考になるだろう。

インカメラは500万画素

 Xperia XZ2のアウトカメラは1920万画素、F2.0という仕様で、シングルレンズとなっている。すっかりデュアルレンズが定着しているので、物足りない感はあるのだが、描写については良好。自社製センサーを活用しているため、大半のシーンで文句は出ないだろう。

 センサーについてはISO12800まで上げることができるため、他のスマホだと厳しい暗さであっても、かなりいい写りをしてくれる。当然だが、ISO12800はあくまでも「ここまでできますよ」というレベルであり、実用的な描写とは言えない。試した範囲だとISO1600では良好な描写だっため、自分で設定して撮影するのであれば、上限としてISO1600を意識するといいだろう。

設定込みでシンプルなカメラアプリとなっているレンズ補正(静止画)には画質優先と歪み補正優先がある。露骨に歪んではいないので、歪みが気になるようなら切り換えるくらいでいい

 ソニー的には「プレミアムおまかせオートで撮影せよ」というくらいシンプルで優秀な純正カメラとなっている。シーン判断も良好であり、マニュアルモードを使用する理由はあまりない。ご飯写真についてももはや苦手ではなくなった。

 また、マニュアルモードはWB以外は細かく調整可能だが、WBについては特定値のみであり、自分であれこれ決めたい人には向いていない。幸い、アプリの「Adobe Photoshop Lightroom CC」が細かい撮影設定にも強いため、Xperia XZ2のセンサーで遊びたいと考えているのであれば、より細かく設定できるカメラアプリを使用するといい。

マニュアルモードの設定項目。WBのみ、ざっくりしている

※作例写真はすべて原寸大(6~10MB)です。通信量にご注意ください。

日中のカット。気持ち立体感のある解像をしている
ツクモ黒ビルを拡大すると、解像具合がわかるはず。のじゃおじもちゃんと解像している
複雑な赤の階調でテスト。ハイライト側でややトーンジャンプを確認できるが、スマホとしては十分すぎる感
夕暮れどきにも強い
光点が多く、少し暗い場所になるとイイ感じの出力になりやすい
歪み補正オフ。よく見ると歪んでいる。格子状や直線が分かりやすいもののときは、補正設定を切り換えるといい。もう少し切り換えやすいところにあるといいのだが
街中であれば、夜間撮影も良好
室内の場合は、ISO200付近で低速シャッターになりがちだが、写りはいい
外から光が差し込んでいる状態のミックス光だが、WBも良好でちゃんと美味しそうである
室内にありがちな環境光下で外すことはほとんどないので、あまり考えずにシャッターを切っていける
ISO12800のデータ。画面上ではほぼ真っ暗だったが、撮影データは上記の通りだ。リサイズすればSNSにアップしても荒さはわかりにくい

 別の記事からの流用だが、960fpsのスーパースロー撮影はFHDに対応(↓)。ありがとう、重力(モデル:伊東みおな)


 インカメラは500万画素、F2.2。セルフィー重点の端末と比べると物足りないないスペックとなるが、写りは良好だ。美肌フィルターも用意されているが、オンオフのみとなっており、細かい設定はナシで、ナチュラル路線の処理が反映される。

つばさ先生の自撮り。海外メーカーのセルフィー向け機能はないに等しいので、そのまんまな写りともいえるが、美肌フィルターはナチュラル路線
「Xperia XZ2」の主なスペック
メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ
ディスプレー 5.7型液晶
画面解像度 1080×2160ドット
サイズ 約72×153×11.1mm
重量 約198g
CPU Snapdragon 845 2.8GHz+1.8GHz
(オクタコア)
内蔵メモリー 4GB
内蔵ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大400GB)
OS Android 8.0
最大通信速度 下り最大774Mbps
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:1920万画素/イン:500万画素
バッテリー容量 3060mAh
ワンセグ/フルセグ ○/○
防水/防塵 IPX5,8/IP6X
生体認証 ○(指紋)
USB端子 Type-C

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン