このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー第103回

Xperia XZ2レビュー前編

重くなったがエンタメ性能が向上したXperia XZ2

2018年06月20日 12時00分更新

文● 林 佑樹 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2018年のXperiaシリーズの第1弾として登場した「Xperia XZ2」。オムニバランスデザインのボディーはラウンドフォルムへとイメージチェンジを図り、かつイヤホンジャックをなくすなど、Xperia Z以降の路線からは異なっている。今回はそんなXperia XZ2をチェックしていこう。なお、同機種はXperia XZ2シリーズでは唯一ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアから発売された。

ソニーモバイル「Xperia XZ2」

指紋センサーの位置は慣れる

 Xperia XZ2は、5.7型(1080×2160ドット)の縦長パネルを採用している。競合の端末を見ると上下左右のフレームを限界まで削る傾向にあるが、Xperia XZ2はこれまでのモデルに比べれば狭いという程度だ。最近流行のノッチはなく、持った際に微妙に指が画面に触れていてもタッチが反応しない、もしくは反応しにくいといったことはない。

 また持ちやすさでいくと、フルフラットな背面ではなく、ラウンドフォルムを採用したことで、手のひらにすっぽりと収まり、横画面にしたときの持ちやすさも向上している。ただ実測約198gと、このサイズ帯としては重量級であり、重心もほぼセンターにあるため、体感的にはかなり重い。

 本体のレイアウトを見てみると、正面はオーソドックスで、上部には受話口兼スピーカー、下部にもスピーカーがある。またインカメラは2つあるように見えるが、左側はセンサーになっており、インカメラは右側だ。下部にはUSB Type-Cとメインマイク、左側面にボリュームボタンと電源ボタン、シャッターボタンがあり、イヤホンジャックはない。そのため、Bluetooth接続のイヤホン・ヘッドフォンか、USB Type-C接続のヘッドフォン、もしくは変換アダプターを使用して音楽を聴くことになる。

正面背面
上部下部。SONYロゴの下にある切れ目がスピーカー
右側面。丸みが分かりやすくなったが、カメラボタンと電源ボタン、ボリュームボタンの3点セットは変更ナシ

 背面はLEDライトに各種センサー、アウトカメラ、指紋センサーがあるが、レイアウトが独特。指紋センサーはほぼ中央にあり、アウトカメラは他機種がよく指紋センサーを配置する場所で、慣れるまでは指紋センサーに触れるつもりがうっかりアウトカメラを撫でていた、なんてこともあるだろう

 アウトカメラはわずかに出っ張っており、指紋センサーはわずかにヘコんでいるので、指先で探った場合、どちらに触ったのかわかりやすい。また筆者は数日で慣れたのだが、背面に指紋センサーがある端末とXperia XZ2を併用する場合は、頻繁にアウトカメラを拭くことになる。Xperia XZ2とGalaxy S9の2台使いをしていたのだが、やはりアウトカメラに触れることが多かった。

 なお、店頭のデモ機はセキュリティー機器が背面に装着されているので気づきにくいが、その形状から抵抗値の低い平面におくと、ハンドスピナーのようによく回る。ケースレスで運用するなら少し気を使っておきたい。

いまとなっては懐かしさもあるラウンドフォルム。持ちやすい1端末での運用であれば、慣れる
「Xperia XZ2」の主なスペック
メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ
ディスプレー 5.7型液晶
画面解像度 1080×2160ドット
サイズ 約72×153×11.1mm
重量 約198g
CPU Snapdragon 845 2.8GHz+1.8GHz
(オクタコア)
内蔵メモリー 4GB
内蔵ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大400GB)
OS Android 8.0
最大通信速度 下り最大774Mbps
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:1920万画素/イン:500万画素
バッテリー容量 3060mAh
ワンセグ/フルセグ ○/○
防水/防塵 IPX5,8/IP6X
生体認証 ○(指紋)
USB端子 Type-C

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン