このページの本文へ

MoguraVRのゲームとって出し第80回

個性的なキャラクターを切り替えて戦え

クリスタルを守りきれ! VRタワーディフェンス「Ancient Amuletor VR」

2018年06月15日 18時30分更新

文● Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回紹介するのはVRタワーディフェンスゲーム「Ancient Amuletor VR」。銃や弓、魔法など各武器を操るキャラクターを切り替えながら迫りくる敵を倒す、アクションとシューティング要素が組み合わさったVRタイトルだ。価格は3262円

 プレイヤーの目的は、わらわらと押し寄せてくる敵からクリスタルを守ること。それぞれ異なる武器を操るキャラクターを切り替えながら敵を倒していく。操作キャラクターは、二丁拳銃の双銃士、弓使いのアーチャー、魔法を操る魔術師、武器を持つ人形を召喚する人形師など、個性的なキャラクターが揃っている。

 各キャラクターは敵を一網打尽にできる固有スキルを持っている。双銃士はリロードいらずの連続射撃、アーチャーは敵を複数まとめて攻撃できるロックオン攻撃など、大量に敵が現れた時やピンチの際に有効だ。

奥のルートに敵が押し寄せてきている。攻撃がしやすい足場へと移って戦おう

 敵は一定カ所だけでなく複数カ所から出現するため、ステージ全体に注意を払わなけらばならない。ステージ上の足場に飛び移り、敵のクリスタルへの攻撃を防ごう。足場によっては敵との距離が異なるため、距離に応じて戦いやすいキャラクターに切り替えていくことも必要だ。

本作は古代のエジプトやローマなどをモチーフとしている。ステージのオブジェクトを眺めてみるのも面白い

 敵の中には大きな盾を持ってこちらの攻撃を防ぐものや、爆弾を持っているもの、魔法で足場を封印してくるものなど、様々な方法でクリスタルの破壊を狙ってくる。前からやってくる敵をやみくもに倒すのではなく、敵の種類を見て優先順位を付けるのが攻略のカギ。また、敵が落とすアイテムを使えば戦いを有利に進めることができるため、積極的に回収していきたい。

 ステージに設置されているオブジェクトを活用するのも有効。斧を持ったオブジェクトは、胸にセットされているターゲットを攻撃すると、一定時間の敵への攻撃を行ってくれる。敵を近づけさせないように予め起動させておくのも良さそうだ。

 ステージの最後には巨大ボスとの戦闘が待っている。エジプトのステージでは、中央にオブジェクトとして建てられていた石像がボスへと変化する。思わず見上げてしまうほどの大きさは圧巻。ボスは敵を召喚するだけでなく、プレイヤーにも攻撃をしかけてくるため厄介だ。足元の敵を排除しつつ、ボスへの攻撃のチャンスを伺おう。

 本作はVRで体を動かしながらアクション性のあるタワーディフェンスを遊べるのが魅力。低めの難易度を選んで敵をひたすら倒しまくるのも爽快感があって楽しいのだが、難易度を高めに設定して歯ごたえのあるタワーディフェンスを楽しむのも良いだろう。高難易度では目の前の敵をひたすら倒しているだけではクリアするのが難しく、一工夫が必要になるという、タワーディフェンスとしての面白さも詰まっている。先週紹介したBeat Saberのようにド派手な魅力はないものの、きちんとまとまった良作だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事