このページの本文へ

普段使い用PCとして、Blu-ray Discプレーヤーとしても活躍

映画を4K/HDRで楽しめる! Blu-rayプレーヤー買うよりキューブ型PCが良い

2018年06月16日 10時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「STYLE-C13N-i3-UHS-BD」

 定額制の動画配信サービスが登場し、パソコンでもお手軽に映画を鑑賞できるようになった。中でもNetflixやAmazon プライム・ビデオなどでは、4KやHDR(High Dynamic Range)に対応するコンテンツも楽しめる。ただ、お気に入りのタイトルがBlu-ray Discで販売されているとほしくなるし、動画配信サービスでは4Kに対応していないタイトルもまだまだある。

Ultra HD Blu-ray Discで映画が楽しめる!
明暗部がくっきり綺麗なHDRにも対応

 動画配信サイトを利用しつつ、Ultra HD Blu-ray Discで4K HDRの映画を鑑賞したい。そんな人にオススメなのが、ユニットコムが販売するデスクトップパソコン「STYLE-C13N-i3-UHS-BD」だ。パイオニア製のBlu-ray Discドライブ「BDR-211JBK」を搭載しているのが特徴となっている。

パイオニア製のUltra HD Blu-ray対応Discドライブ「BDR-211JBK」を採用

 さらにSTYLE-C13N-i3-UHS-BDは、HDMI 2.0aによるHDR出力が可能なギガバイト製のマザーボード「Z370N WIFI」を搭載。3280×2160ドット/60fpsかつHDRでの再生に対応し、高解像度で映像の明暗部がより自然な、美しい映像を楽しめる。

ギガバイト製のマザーボード「Z370N WIFI」を搭載
HDMI 2.0aを装備

 また、BDR-211JBKは読み込みに加えBD-R(LTH)/RE DLの書き込みにも対応しているため、4K対応のカメラで撮影した映像などをBlu-ray Discに書き込んで保存して置ける。そのほか、CDオーディオ再生時にディスクの傷や汚れなどの状況を分析し、正確な音楽データを読み込む機能「Pure Read 3+」により、古いCDなども忠実に取り込める。

 パソコンとしては第8世代のCore i3-8100(3.6GHz)、8GBメモリー、240GB SSDを搭載。動画視聴のほかメールの送受信、Office作業、ウェブブラウジングといった一般的な作業であれば快適にこなせる性能を持っている。

PCMark 10の結果。ディスプレーの解像度が3840×2160ドットでもとくに動きがもたついたりしない

 サイズはおよそ幅240×奥行400×高さ203mmと、一般的なミドルタワーやミニタワーと比べてコンパクトなキューブ型ケースなのも特徴。机の上だけでなく、テレビのわきなどにも設置しやすい。

キューブ型ケースはCoolerMasterの「Elite 130 Cube」を採用

 キューブ型ケースはCoolerMasterの「Elite 130 Cube」を採用。コンパクトながら、あとからビデオカードなどを追加してゲームも遊べる性能に強化できる。フロントはメッシュ仕様となっており、前面から十分なエアフローを確保できる。加えて、120mmサイズの水冷ラジエーターを搭載して冷却性能を高めることも可能だ。

コンパクトだが、拡張性も高い

 筐体前面には、USB 3.0端子×2、USB 2.0端子、マイク入力、ヘッドフォン出力を配置。前面にヘッドフォン端子があるため、夜中ヘッドフォンを付けて映画を鑑賞する際に取り回しやすいのはありがたい。また、ゲーミングヘッドセットなどはUSB端子の製品も少なくないため、キーボード、マウス、ヘッドセットが接続できるようUSB端子が3基あるのもうれしい。

筐体前面にUSB 3.0端子×2、USB 2.0端子、マイク入力、ヘッドフォン出力を配置

普段作業だけでなく4K HDRコンテンツも楽しめるコンパクトPC

 STYLE-C13N-i3-UHS-BDの価格は11万7698円。4K/60fpsかつHDR対応のBlu-rayプレーヤーと、普段作業がこなせるパソコンを両方買うと考えれば、コスパは高いといえる。また、2つの機能が筐体に収まっているため、両方買うよりも場所をとらなくてすむのもありがたい。動画配信サイトだけでなく、Ultra HD Blu-rayでも映画を存分に楽しみたい! という人は、STYLE-C13N-i3-UHS-BDを検討してみてほしい。

 次回は、BenQの4K HDR対応31.5型ディスプレー「EW3270U」と組み合わせて、実際の使い勝手などについて紹介する。

試用機の主なスペック
機種名 STYLE-C13N-i3-UHS-BD
CPU Core i3-8100(3.6GHz)
グラフィックス インテル UHD グラフィックス 630
メモリー 8GB
ストレージ 240GB SSD
内蔵ドライブ Ultra HD Blu-ray再生対応Blu-ray Discドライブ (Pioneer BDR-211JBK)
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.2
インターフェース USB 3.0端子×8、USB 3.0(Type-C)端子、USB 2.0端子、HDMI端子×2、DisplayPort、アナログ6chサウンド(ライン出力、ライン入力、マイク入力)など
サイズ およそ幅240×奥行400×高さ203mm
OS Windows 10 Home(64bit)

■関連サイト

カテゴリートップへ