このページの本文へ

テレビに接続するだけ 新4K衛星放送受信用の外付チューナー

2018年06月26日 11時30分更新

文● 上代瑠偉/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 DXアンテナは6月25日、12月に本放送が開始される新4K衛星放送(BS・110度CSの4K放送)に向けて、家庭で放送を受信するために必要な4K BS/CSチューナー「DIR4000」を発表した。販売は2018年11月からで、想定価格は3万7584円前後。

 現在販売されている4K対応テレビには、新4K衛星放送用受信のチューナーが内蔵されておらず、番組を視聴するためには、新4K衛星放送受信用の外付チューナーが必要だという。DIR4000は、4K対応テレビに接続するだけで、簡単に新4K衛星放送の番組を視聴可能。複雑な機器設定は不要で、臨場感あふれる映像を楽しめるとしている。

 現在放送されている2K BS・110度CS放送、地上デジタル放送の受信にも対応。また、USBケーブルでエレコム製の外付けHDDを接続すると、新4K衛星放送の番組の録画ができる。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース