このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

クイズに答えて、記事で自作したパソコンを手に入れよう!

PC自作初心者がありえない行動の連続!? ジサトライッペイの愛(鬼)の指導

2018年04月25日 11時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ジサトライッペイ教官指導のもと、ASCII編集部の若手であるラッキー橋本が人生2台目となる自作に挑戦

 自作虎の巻こと“ジサトラ”は、その名のとおり自作PC大好き集団。筆者も、自作について調べてもわからないことは、彼らに聞けば一発で解決するくらい、知識豊富な精鋭がそろっている。そんなチームの一員であるジサトライッペイは、悩んでいた。

ジサトライッペイは悩んでいた

 悩みとは、「ASCII編集部の若手の自作スキルを向上させたい」ということだ。

ジサトライッペイ教官、愛(鬼)の指導
若手編集部員ラッキー橋本が自作に再挑戦

 ジサトライッペイが私のもとに来たのはとある日の夕刻。神妙な面持ちの彼からこう言われた。

 「ねえ、最近パソコン組んだ?」

 私は、そろそろマザーボードとCPUを買い替えようかなと思っていたのでそう告げると、ジサトライッペイは「そうか、不合格だな」とつぶやいて私のもとを去っていった。そして、次に彼が向かった先にいたのは、ラッキー橋本。動画班でバリバリ編集などをこなしている若手編集部員で、昨年PCゲームをするためのパソコン自作に挑戦した。。編集部で初めて自作するということで、ジサトラチームも目を輝かせて様々なアドバイスを送っていたのだが、そこにジサトライッペイは疑問を感じていたのだ。

 果たして彼は再び自作できるのだろうか。あのとき教えた知識を覚えているだろうか。そして、自作への愛情は残っているのだろうか。ジサトライッペイは私にした質問をラッキー橋本にも投げかけた。

 「ねえ、最近パソコン組んだ?」

 すると、ラッキー橋本はこう答えた。「え、組んでないですよ。一度組んだパソコンありますから! イッペイさんもみてたじゃないですか~」

 一瞬、ジサトライッペイの目がキラッと光った(ように見えた)。

ジサトライッペイ:え、でもそれってCore i7-4770とか、GeForce GTX 780とかだよね? 最新パーツに興味ない?

ラッキー橋本:えー、いいですよ~。だって動きますもん。

ジサトライッペイ:……こいつにしよう。

ラッキー橋本:え? 何がですか? え、あ、僕どこに連れていかれるんですか~?

 こうしてラッキー橋本はジサトライッペイに連れ去られていった。面白そうだったので、あとを追うことにした。

最新パーツが揃い踏み、パソコン工房の自作PCキット

「UNITCOM Amphis KIT MD51」

 ジサトライッペイがラッキー橋本を連れてきた先には、パソコン工房で販売中の自作PCキット「UNITCOM Amphis KIT MD51」が用意されていた。人気バトルロワイヤルゲーム「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」を快適にプレーするのにオススメという。

 なお、OSは付属しておらず、購入時にカスタマイズでの追加が必要。また、インストールには別途光学ドライブかUSBメモリーが必要となる。そのほか、メモリーとビデオカードは別メーカーになる可能性がある。

Core i7-8700K
CPUクーラーは「虎徹Mark II」。取り付けが簡単なスプリングスクリュー仕様ブリッジ式リテンションや、メモリーと干渉の少ないオフセットデザインなどが特徴
電源は玄人志向の750W電源(80PLUS SILVER認証)「KRPW-AK750W/88+」。120mmファンを採用し、50%以下の負荷出力でファンノイズを19dB以下に抑えた静音仕様が特徴
マザーボードはASUSの「ROG STRIX Z370-F GAMING」。ゲーミング向けに多彩な機能を備えたATXゲーミングマザーボードだ
メモリーはCORSAIR製の8GBメモリー×2
ビデオカードはASUSのGeForce GTX 1070 Ti
ストレージはウエスタンデジタルの250GB SSD
ファンはPolaris RGB計3つ。ASUSのAura Syncに対応しており、UNITCOM Amphis KIT MD51のようなサイドがクリアなケースであればキラキラと光るところを眺められる。なお、こちらの製品はUNITCOM Amphis KIT MD51には付属しない

ラッキー橋本:なんですかこれ。

ジサトライッペイ:パソコン工房で販売している自作PCキットだ。今日はこれでラッキー橋本君に自作してもらう。

前へ 1 2 3 4 次へ