このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第1回

「ノー!」:

アップル、iPhoneとMacのOSを1つに? ウワサに回答

2018年06月05日 18時10分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは「iPhoneとMacのOSを1つに統合するのではないか?」とのうわさに対して、日本時間6月5日午前2時から開催した年次開発者会議「WWDC 2018」にて正式に回答した。
答えは「No.」だ。

 「iPhoneアプリとMacアプリの開発環境を統合し、ユニバーサルアプリとして開発できるようになる」とのうわさは、2017年から流れていた。

 しかしアップルはWWDCにて「両者は今後も別々のプロダクトだ」と統合しないことを強調。今年4月にティム・クック氏のコメントとして豪メディアが伝えた、「2つのOSの統合は妥協とのトレードオフだ」との流れをくんだかたちだ。

MacでiPhoneアプリが使えるように

 「iPhoneとMacのOSを統合しない」と発表する一方で、アップルはmacOS Mojaveでニュース、株価、ボイスメモ、そしてホームの4つのiPhoneアプリが使えるようになることを明かした。

 また、iPhoneのフレームキットである「UIKit」をMacに移植し、iPhoneアプリがMacでも利用できるようになる未来も示している。

 これらをあわせて考えると、「OSの統合はしないがアプリの統合は進めていく」というのがアップルの回答のようだ。

■関連サイト


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中